電卓の計算記録

とある情報系高校生の何気ない日常

本嫌いが本屋に行った話

小学生の時は図書委員会に所属し、毎日のように学校の図書館に通っていた本好きな人間だった…。

 

しかし

 

高校に入学した途端、私は本を全く読めない本嫌い人間へと変貌してしまったのだ…。

 

原因?

 

不明。何がきっかけなのかは分からない。

 

高校にも図書館あるのに一度たりと本を借りに行ったことはない。

 

若者の読書離れというがそれの極端な例だ。

 

しかし私は今日、自分の金で本を一冊買うことを決心した。

 

いきなりどうしたと思うが、今年こそはこの読書嫌いを克服しようとしている。

 

 

 

学校帰り、暑さも重なりストレス数値もMAXを振り切らんかとばかりのイライラ加減で本屋に立ち寄った。

 

「めっちゃ本あるやんけ…」

 

当然なのだ。ここは本屋なのだ。(ハム太郎ボイス)

 

たくさん本はあるものの、暫く本から離れ、かつ何も調べずに来たので何から手をつければいいか分からない。

 

とりあえず本屋を一周してみた。

 

ファンタジー、ドキュメント、エッセイ、趣味、学習書などなどどの本棚にもみっちり本を入れられている。

 

一周した感想だが、こうして本を見ることは嫌いじゃないな、ということだ。

面白そうな表紙やあらすじのものも沢山あった。

しかし、私はその次にいけないのだ。

本をパラパラめくっても

 

「うわ、めっちゃ字ちっさいしページ数多すぎっしょ…」

 

自己啓発とか興味ないしなあ…」

 

ファンタジー小説なんて入り込める気がしないや」

 

これが私が読書嫌いたる所以。

 

本から離れるとこうして本を一ページでも読むというのが既に高いハードルと化しているのだ…。

こんなはずではなかったのに…。

 

しかし私は「絶対に本を買って帰る」という目標の元ここに来た。

手ぶらで帰るわけにはいかない。

 

(無理に買わなくても…と思うかもしれないがここまでしないと私は一切本を読まないのだ。荒治療だ。)

 

そうして自分に合いそうな本を探すこと30分。

 

「今から適当に歩いて目に入った本を買う!どんなのでも買う!」

 

という「運命の本」作戦を決行した。

 

最早運命の捏造にしか過ぎないのだが…。

 

「ええい!これだ!!!」

 

即決した。

 

そして買った本がこちら。

 

安全な妄想 (河出文庫)

安全な妄想 (河出文庫)

 

 

どうやらエッセイ本らしい。

 

エッセイなんて読むのは人生で初めてかもしれない。

 

しかし自分の金で買った物なので否応無しにも読みきろうと思う。

 

読み終わったら読書嫌いなりにまた感想でも書こうかと考えてる。

 

 

まあ、今回こうして本屋に行ってみたけど、悪くないなって思えたかな。

色んな世界に誘ってくれる本。

きっともっと読めるようになったら楽しいんだろうなと。

 

また近々行こうかな。

 

それじゃあまた。

 

でんたく。