電卓の計算記録

とある情報系高校生の何気ない日常

5歳の年の差って想像以上にデカイなって話

足の中指がワンチャン疲労骨折、でんたくです。

(めちゃくちゃ足の甲が痛い。本当助けてほしい)

 

 

今日は始業日でした。

 

なんとも足取り重くって感じでしたね。

なんてったって初日からテストですよ!?

マークだったから最悪勘でなんとかなる部分はあったけどやっぱしんどいよ初日からテストは…。

 

まあそんな感じでなんとか耐えた1日でした。

 

 

で、今日の登校中の話なんですけど、駅に向かうため道を歩いてたら

 

「わぁぁぁぁ!!」

 

って女子中学生の叫び声が後ろから聞こえてきました。

 

なんや事件かと思ったんですが、飛んできたカラスに驚いていただけのようです。

 

なーんだ。

 

と思ってたのもつかの間。

 

その女の子、見覚えがあるんですよね。

 

どっかで会った…?

いや、でもJCの友達なんて今いないぞ…?

 

と名札にふと目をやると答えは出ました。

 

中一の名札。

 

私の5個下。

 

私が小学校6年生、登校班の副班長をしていた時、同じ班だった当時小1のあの子じゃないか!!!!!

 

背は私よりちょっと小さいくらいだが小1の頃を思い出すと本当に大きくなっていた。(当たり前)

 

でも、彼女は私のこと絶対に覚えていない。

 

私が小1の時のことをあまり覚えていないのと同じように。

 

小1は物心ついたばかりと言っても良い。(知らんけど)

 

しかし当時私は小6。

しっかりと物心がついている。

 

2012年あの頃、小1の子達に振り回されながら登校したなあ…ってしみじみ思い出します。

 

だけど、相手は覚えてないんだよなあ!

 

なんかものすごく切ないぞ。

 

このなんとも言えない感情。

 

私は彼女のことを知っている。

 

しかも普通に喋っていたという過去がしっかりある。

 

だけど彼女は覚えていない。

 

まあ仕方ないんだけどね。

 

だって5歳差だぞ?

 

5歳差って今考えたら大きいですよね。

 

その5歳の年齢差の子達が小学校というところで共同生活を送っている。

それって凄いことだなって改めて思いましたね。

 

18歳と23歳。5歳差

 

その23歳が社会人一年目で、もし教師になっていたとしたら。

 

昔登校班が同じだった子を自分が先生として教えるっていうのが十分ありえる訳ですよ。

 

そのシチュエーションめちゃくちゃ刺さる。

 

5歳差って素敵ですね…。

 

誰かこのシチュエーションで同人誌出してください。

生徒と教師モノってあんまり好きじゃないんですけどこれは刺さる。

これを見ている作家の貴方!

さあ、

 

描くのです!

書くのです!!

 

 

…と書いている間にも足が痛い。

 

とりあえず湿布を貼って安静にしよう…。

 

皆さんも5歳下、5歳上の知り合いの思い出はありますか?

 

それではまた明日。