電卓の計算記録

とある情報系高校生の何気ない日常

入学式の話と文体の話

久しぶりのブログ更新。

 

学校生活の中で沢山行事があると思うが、一番印象に残っていない行事はおそらく始業式と入学式だろう。


始業式は言わずもがなだが、入学式というものはなんとも不憫である。
時間をかけ在校生や先生が準備をし、信仰もきっちりして各方面から祝電祝辞が届いている。
立派すぎる式典なのだ。
なのに、参加者は記憶に残らない。
卒アルにも入学式の写真が使われたりする。
しかし入学式の記憶は記憶の彼方に消えている。
そりゃあ、まあ、そうでしょう。
緊張の中始めての行事。
覚えてないわな。

 

私の入学式の思い出?

 

ないでしょ、そりゃ。


でもインパクトのある同級生を見つけるとそいつのことは覚える。


「あ、あいつ目開けながら寝てるぞ!」


とか覚えてる。

 

そしてそういう人が後の友人になったりする。

不思議。

 

 

で、なんで今日常体なの????

うーん、難しい質問!

答えるならば「なんとなく」

ぶっちゃけ小論文でも常体で書いてるし文書書く時って常体の方が書きやすい。

ブログは見てる人と話してる感じにしたいから敬体だけど…。

 

ここすっごい迷う。

 

どっちがいい??

 

文体?敬体?

 

どっちが読みやすい?

 

回答待ってます。