電卓の計算記録

とある美術系大学生の何気ない日常

白ポストに花束を

※本記事は下ネタを含みます。ご了承ください。

 


皆さん「白ポスト」をご存知ですか?
地域によっては無いところも多いのでもしかしたら見たことない人もいると思います。
駅の近くとかに置いてある白いポストのことで、別名「有害図書回収箱」とも呼ばれる有害図書/ビデオを投函(その後破棄)するところです。
有害図書って何かというと、青少年に見せてはいけないような本、要するにエロ本とかのことです。

エロ本以外にも残虐描写のある本とかも入れられるようですが、まぁ殆どがエロ本・エロDVDです。
白ポストの写真を集めたサイトなどもあって、白ポストマニアも存在しているようです。
世界って広い…。


そんな白ポストですが、白ポストに投函されるエロ本の気持ち考えたことありますか??(唐突)


恐らくこの文面を見た99%の人は「ねーよ」って答えます。
私も無いです。
ただ、最近白ポストの前を通ると、役目を終えた(意味深)本達の悲痛な叫びが聞こえてくるような気がするんですよね。


エロ本はなんのために生まれてきたのか。
エロ本の生老病死(????)
考えちゃいますよね(?????)


エロ本はただの性処理の為に生まれてきたものなのか。
否、エロ本は美術作品だと捉えるべきか。
それは人それぞれの価値観ですが、もしエロ本を買った時もしくは拾った時は少し立ち止まって考えてみて欲しいのです。
一般雑誌とエロ本の違い。その行く末。
どんな本も最終的には燃やされる運命にあるのでしょうけれど、白ポストを経由して捨てられていくエロ本たちには一般図書や、古紙回収などを経る本とはまた別の趣を感じさせてくれる気がします。するだけ。

 

白ポストはそんなエロ本を寛大な心で受け止めてくれます。

というか白ポストは好き嫌いをする立場にはありません。

何故なら「有害図書を投函する為に生まれてきたモノ」だからです。

郵便物を受け止める為に生まれてきた所謂「普通」の郵便ポスト。

同じポストでも、こうも人生が違うのか。

 

ポストといえど人間と同じなんだなぁ たくを


とはいえ、今やインターネットのストリーミングサービス(FA◯ZAとかね)や電子書籍の普及、そもそものエロ本離れで白ポストは数を減らしています。
また、マナーの悪い人が一般ゴミを捨ててしまい、ポストが劣悪な環境に置かれてしまうことも問題になっています。

それでも頑張る白ポストに私は敬意を表し、花束を進呈したいと思います。

ありがとう。

 


っていう文がメモ帳に残されてたんだけど何これ??

 


おわり

 

参考

有害環境浄化活動事業|尼崎市公式ホームページ