電卓の計算記録

とある美術系大学生の何気ない日常

部室と引き換えに手に入った給食の話

中学1年生の時の話。
私は美術部に所属しており、小さな部室で日々作品制作に精を出していた(というのは建前で本当は日々部員と駄弁っていただけである)
部活は楽しく毎日部活のために学校に行っているようなもんだった。


ある日、とある一報が入ってきた。

 

「市立中学で給食導入されるらしいで!!」

 

中学給食の導入である。
それまでは各々の家から弁当を持ってき、それを食べていたのだが、遂に給食が導入されることになった。
そこで一番の問題になったのは「配膳室」であった。
中学の給食は、小学校のように学校の調理室で作られたものが提供される仕組みではなく、給食を作る業者がランチボックス形式の給食を作り各学校へ配膳するという仕組みであった。
しかしうちの学校には配膳室がない。
なので作らなければならない。


察しがいい方は気付いたかもしれない。

 

そう、


我が美術部の部室が配膳室に改修されることになったのである。

 


美術部の部室は一階にあり、階段や校舎の入り口からも近い。
そして何より、無くなっても学校的には支障が出ない。
隣には卓球部の部室、生徒会執行部の部室があったのだが、部活動ヒエラルキー最下層にあった美術部の部室が犠牲になったのだ。


その当時、美術部の部室は美術室ではなく、美術部の部室として一部屋与えられていた。

 

「美術部の活動くらい美術室でやらせりゃええやん。そもそもなんで美術部に部だけの教室があったん?」

 

多分そういうことだろう。
私もそう思う。
別に美術部強豪校でも無かったし。

仕方ない。権力には屈しよう。

 

長期休みに入る前に部室の片付け、大移動が行われた。

 

そして数ヶ月経ち、配膳室が完成し給食が始まった。
そんな給食の評判は最悪だった。
まず問題としておかずが冷えていることだろう。キンキンに冷えてやがる。
まぁ出来立てでは無いので仕方ない。そんな贅沢は言えない。

しかし、

 

「こんなん食べたない!弁当のほうがいい!」

 

という声も多く、保護者に給食を試食してもらう試食会が行われた。
そしてその試食会で出されるメニューはカレーライスであった。


いや、カレー出したら間違えないやん!
カレーは美味しいやん!
もっと微妙な味のカレー風味のサラダとかオレンジチキンとか出せよ!!

(※サラダやチキンに罪は無い)

 

因みにこの給食問題はまさかの展開で幕を下すことになる。


給食業者による給食への異物混入事件で市の中学給食が休止することになったのである。
部室と引き換えに手に入った給食は私が中学を卒業をするまで再開されることはなかった。

 

おわり

私は天使だったんだよ!信じてくれよ!

どうも、でんたくです。

今年も12月になってしまいました。

今年は11月の次は何月かな?今年は実は12月じゃないんじゃないのかな?と思いましたが、2019年も11月の次は12月でした。

 

12月といえば一年の最後の月、ということになっています。

笑ってしまうなぁ。だって去年の今頃は高校生だったんですよ。

一年って本当引くほど早い。

 

今回は12月ということで、幼稚園の時の12月の思い出でも語っていきたいと思います。

 

私の通っていた幼稚園はキリスト教教育で、毎日神様にお祈りを捧げているようなところでした。

(因みにですが、私の家庭は特に信仰している宗教はありません。)

 

そんな我が園では年長になると「ページェント」という一大イベントが待っているのです。

ページェントというのは、簡単に言うとイエス・キリストの降誕劇ですね。

セリフも歌も衣装もバリバリ用意されてて、ガチガチに練習し、教会で披露するという今思えば結構本格的なやつでした。

 

その劇では主演のマリア様とヨゼフ様。そして羊飼い、ガブリエル、天使、東方の三博士、ナレーター(聖歌隊?)がいたと思います。

で、私何の役やってたと思います?

 

 

天使ですよ。

 

 

めっちゃウケます。

ありえんですよ。

 

「でんたくが天使とか馬鹿も休み休みw」

 

とか思いますよね。

これがマジなんだよな〜〜〜。

だってあの頃は汚れも知らない純情な子だったんだもんね!!!

は!?別に今でも純情ですが!?(自問自答)

 

天使のように透き通った瞳をしていた6歳のでんたくは確実にいました。

しかし不思議なことに小学生の途中あたりからおかしくなって、今のでんたくがあります。

だって私正直趣味は幼稚園の時と殆ど変わってないわけですよ。

なのになぜこんな“クソオタク”になってしまったんだろう…。

 

そうだね…。

 

ネットカルチャーのせいだね…。

 

インターネット自体は幼稚園の時から使ってましたが、小学2年あたりからどっぷりネットカルチャーに浸かってしまったためこうなってしまったんでしょうね。怖いですね(こなみ)

 

私はあの頃のような輝きを取り戻したい。

でも汚れた心を元に戻すのは不可能。

 

だったらどうする?

 

そうだね。

 

 

パプリカを踊ろうね。

 

 

小学生はみんな踊れるらしいよ。

これは、もう、踊るしかないね。

 

そう言い残しでんたくは朝まで踊り明かしたそうな…。

めでたしめでたし。

 

 

 

いや、おい、

 

 

 

 

天使の話はどこいったんだよ!!

 

 

 

 

 

おわり

 

https://sports.nhk.or.jp/dream/song/about/

いろいろなフォロワー#2「平ラとオプシと排便報告なフォロワー」

前回の記事ご覧いただけましたでしょうか。

ご本人からは怒られませんでした。

ありがとうございます。

 

さて、早速第二弾です。

前回同様身内ネタも噛み砕いて説明してフラットな文章にする意識はするので是非ご覧ください…。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォロワーの名前は「やまなし」氏。

俳優の内山眞人氏のファンで、仮面ライダーオーズをこよなく愛している方だ。

 

この方、私の面白いフォロワーランキング(そんなものはない)のトップ10には入ってる。

タイトルにも書いた「平ラとオプシと排便報告」が全てを物語っている。

 

平成仮面ライダー、略して平ラが好きなやまなし氏は、特にオーズが好きとのこと。(他にも555やカブトも好きなようだ)

 

そのオーズを布教するべくある日突然誕生したキャラクターがいる。

その名も「オプシマン

皆さんご存知ペプシマンのオーズ版だ。

オプシマンは、フォロワーが「オーズ」と呟けばすぐさま駆けつけ、

 

あなた今オーズって言いましたよね!!?ねぇ言いましたよね????オーズって!!!オーズって!!!!!デッデーデレwwwwwwwwwwデッデーデレwwwwwwwwww└〄┘ オプシマァァァァァアアアアアアアア↑↑↑ンwwwwwwwwww

 

と登場台詞を吐き、颯爽と帰っていく。

初めはやまなし氏の一つのネタとして存在していたが、いつの間にか「オプシマンbot」が誕生していた。

オプシマンが独立した一つのキャラクターになった瞬間である。オプシマァァァァァアアアアアアアアン

 

そんなオプシマンの数ある台詞の中で私のお気に入りのものを紹介したい。

 

これは仮面ライダージオウ公式Twitterがよく言う「ジオジオするジオ〜」のパロディ。

そもそもジオウ公式の「ジオジオ」もよくわからないので、「オプオプ」が分からないのは無理ない。

「オプオプ」は口に出したい日本語。

口が気持ちいい。

 

 勢いが好きすぎる。

「ぐわーーー」からの冷静さにやられる。

 

 まさかのハッシュタグである。

みなさんもオプシマンに反応されたいときはRTしてみよう。

 

 全員オプシマンじゃねーか

 

と、ここまでは「オプシマンbot」について書いてきたが、やまなし氏にはもう一つの一面がある。それが「うんこアカウント」だ。

Twitterユーザーはよく活動ジャンルや知り合いを分けたりするために、アカウントを複数持っている場合がある。

やまなし氏はなんと、うんこのために一つアカウントを作ってしまったのだ。

そんなフォロワーおそらく後にも先にもやまなし氏だけだと思う。

 

やまなし氏うんこアカウントのお気に入りツイートも紹介しておく。

 

 陶芸家並みの感想。

 

 芸能人の結婚報告かと言わんばかりのツイート。

「うんこなう」に潔さを感じる。

 

 私も便秘の時は活用させていただきます。

 

 芸が細かいのが、これらのツイート、すべて「Toiletter」というTwitterクライアントアプリでツイートしているのだ。

「Toiletter」とは、クソリプをトイレに流そうというコンセプトのもと作られたものなのだが、このアプリを使いうんこツイートをするというのは寧ろこのアプリの正しい使い方なのではとさえ思わさせられる。

 

ここまでやまなし氏の「オプシマン」の顔、「排便報告」の顔を紹介したが、最後にしっかりと、やまなし氏のプレゼンをしたい。

ここまで「にやり」とさせてくれるツイートをいくつも生み出すやまなし氏。

ユーモアセンスが非常に高い。

ユーモアセンスが高いというのは、どんな場面でも生かすことのできる本当に素晴らしいスペックだ。

落ち込んだ時もやまなし氏のツイートを見れば、不思議と口角が上がってしまう。

やまなし氏は、人を笑顔にすることができる最高のフォロワーだ。

また、好きなことにも全力で、行動力もあり、見ていていつもすごいと思わせてくれる。すげえよ、本当にすげえ。

 

そんなやまなし氏を一目見たい!という方は、一度Twitterをチェックしてみてはいかがだろうか。あなたのTwitterライフが明るくなること間違いなしである。

twitter.com

 

それでは、次回「いろいろなフォロワー#3」をお楽しみに!

 

関連リンク集

dic.pixiv.net

www.toei.co.jp

starjyan.com

【偏見】もしも拡張子がクラスメイトだったら…

どうも、でんたくです。

 

突然ですが、拡張子ってありますでしょ?

コンピュータのファイルの最後に付いてる「.pdf」とか「.psd」とかのことです。

自分、その拡張子に結構いろんな感情を沸かせておりまして。

あの拡張子は変人だとかあの拡張子はいいやつだとか。

というわけで今回は、「もしも拡張子がクラスメイトだったら」という話をしていきたいと思います。

 

 

「.exe」

頭がいい。理系。特に数学が得意。

性格に難があり、先生からは嫌われるタイプ。

志望校は旧帝大

生徒会執行部所属。

 

「.dll」

頼み事は断れないタイプ。

嫌々役職を任されたりする。

お人好し。褒め言葉ではない。

コミュショー。

美化委員。勿論嫌々やらされている。

 

「.txt」

コミュ力が異常にある。

授業中、積極的に発言したりするが、頭はそこまで良くないので、大体間違えている。

誰とでも仲良くなれるタイプで、他校にも沢山友達がいる。

素直で正直な性格。

バスケ部。但し補欠。

 

「.html」

文学好きで、教室で一人本を読んでいるタイプ。

知り合いは多いが友達は少ない。

いつも眼鏡をかけているが、眼鏡を外すと美人になる。

ちょっとしたきっかけでビッチになるタイプ。

図書委員会所属。

 

「.css

アニオタ。

深夜アニメが好き。ラノベも好き。

永遠の推しは、けいおん中野梓

ネットの中の方が饒舌。

漫画研究部。

 

「.xsl」

ノリが軽い。

「まぁ、なんとかなるっしょ」が口癖。

46グループのファン。友達と一緒にアイドルの話に花を咲かす。

サッカー部。

 

「.jar」

バンドを組んでいる。

立ち位置はベース。

前髪が目にかかりそう。

好きなバンドはワンオク。

軽音楽部所属。

 

「.obj」

成績の偏りがすごい。

日本史で10点とったと同時に物理で80点取ってくる。

影はそこそこ薄い。

家庭科部。

 

「.mp3」

クラスの中でも「ザ・普通の子」

勉強もスポーツも飛び抜けて出来るわけでもないけど出来ないというわけでもない。

.txt同様誰とでも仲良くなれる。

オタクグループとか陽キャグループとかいろんなグループに友達がいて、顔が広い。

いいやつ。

部活は卓球部。

 

「.wav」

勉強もスポーツも普通より出来る方。

顔が良く、他のクラスに顔ファンがいる。

休み時間とかに、そいつを見るために教室を覗く人がいるくらい。

テニス部副部長。

 

「.ogg

クラスで一番背が低い。

愛される弟分タイプ。

いつも笑ってる。

吹奏楽部。

 

「.midi

物知りくん。

クラスに一人はいる博識ポジ。

頭がいいとはまた別。

「先生とは価値観が合わない」とか言ってる。

陸上部。

 

「.m4a」

自分はかっこいいと思っている。但し周りはそんなことは思っていない。ナルシスト。

基本上から目線で話す。

実家は金持ちで、所謂“いいとこの子”

育ちがいい。
科学部。

 

「.mp4」

スマート。ぶっちゃけモテる。笑顔が爽やか。

バレンタインは他クラスや学年からもチョコを貰う。そして律儀に全て食べる。

幾度となく告白を受けるが、誰とも付き合ってない。

謙虚で思いやりがある。

サッカー部。

 

「.mov」

問題児。

基本的に周りから関わりたくないと思われている。

嫌われていても当の本人は全く気にしていない。我が道を行くタイプ。

自称帰宅部エース。

 

「.avi」

脚が長い。スタイル抜群のモデル気質。

しかし何故かモテない。

英語が得意で海外の大学を志望している。

ESS部。

 

「.mpg」

気難しい。マジレス人間。

本人は結構その性格に悩んでいる。

とても不器用。だけど悪いやつではない。

真面目なだけ。

生徒会執行部所属。

 

「.png

人気者。

クラスでも中心になって文化祭とかめっちゃ楽しみ盛り上げるタイプ。

LINEのステータスメッセージに座右の銘書きがち。

学級委員長。

 

「.jpeg

陽キャ

pngが真面目な陽キャならjpegパリピ陽キャ

「卍〜!」とか言う。頭は悪い。

但し優良企業に就職する。

世渡り上手。

バスケ部の幽霊部員。

 

「.gif」

意識高い系な発言をちょくちょくするので偶に相手をイラッとさせる。

ただ根は悪いやつではないので憎めない。

少人数でワイワイやる、友達は量より質タイプ。

バドミントン部。

 

「.svg

オタク。

パソコンに強い。眼鏡。

喋ると早口になる。

教室の隅で同士と話しているタイプ。

コンピュータ部。

 

「.bmp

クラス一の巨漢。

食べるの大好き。

性格は割と柔和。

柔道部。

 

「.pdf」

クラスのアイドル。

一部界隈に熱烈なアンチがいる。

そして親衛隊もいる。

ダンス部。

 

「.lzh

同じ部活のやつらとおちょくりあいをしている。

年中行事大事にしがち。

家族仲はいい。

野球部。

 

「.zip」

頭髪検査で引っかかる。

校則違反がなんぼのもんや!というスタンス。

早い話がヤンキー。但しマイルドヤンキーに近いものがある。

卒業までに童貞を卒業する。

帰宅部

 

「.rar」

変人。

お笑い要因でクラスのムードメーカー。

常にヘラヘラしている。

小学生の時机にコンパスで穴を開けるタイプだった。

放送部。

 

「.psd」

表はいい人。八方美人になりやすい。

なので友達はそこそこいる。

好きになった人にはとことん行くタイプで、愛が重い。

何も考えてなさそうな顔の時も色々考えている。

風紀委員。

 

「.ai」

掴みどころがない性格。

話は聞き手に回ることが多い。

好かれることは少ないが嫌われることも少ない。

何も考えてなさそうな顔をして本当に何も考えていない。

美術部。

 

「.doc」

発言がいちいちアホっぽいけど、勉強はできる。

自分は天然ではないと思っているが天然。

明るい。

演劇部。

 

「.xls」

中二病というか高二病

文化祭や合唱コンクールなど学校行事で「真面目にやるのってなんかダセェ」とか思っている。

趣味は人間観察。

コンピュータ部の幽霊部員。

 

 

完全に私の主観であり偏見です。

別に深い意味はないです。

みんなの拡張子に抱くイメージってなんだろう。

何かあれば教えてください( ◠‿◠ )

 

おわり

嬉しいことがあったからブログを書くよ

こんばんみ!!でんたくです。

 

やっぱブログって心が荒んでる時に書くより、嬉しい気持ちの時に書いた方が精神衛生上いい気がするんですよぉ〜(知らんけど)

 

なので今日は嬉しかったことを書きます。

 

グループで映像制作をする授業があるのですが、今日はその最終日でした。

友達ゼロから始まった私ですが、なんとかグループを組んでここまで来れました。

(高校の時はグループワークで最後まで残って先生とグループワークとかザラにあったよ!草だね!)

 

そしてグループメンバーと編集。

私は、比較的パソコンに強い方なので、編集も結構お手伝い出来ました。

編集はAdobe premierってことで、私もそこまで使いこなせてるわけでもなかったけど、簡単なことで「すごい!ありがとう!」とか褒められてとても嬉しかったですね。

褒められて伸びるタイプなので、もっと褒めてもっと調子乗らせてください。

 

あと、これが一番嬉しかったことなんですが、今日久しぶりに家以外で喋って笑いました。

なんせ友達が皆無だったので、他愛もない話なんてものが高校卒業して以来殆どなかったんですよ。

それが、一緒に喋って一緒に課題やって一緒に笑えたんですよ。

 

はぁ〜やっぱいいですわ。

別に友達じゃなくてもいいんですけど、他人と他愛もない話をして、それで笑えるなんてめっちゃくちゃいいじゃないですか。

私コミュショーですけど、喋ること自体は嫌いではないんでしょうね。

なんか、大学生になってからコミュ力が上がってきた気がします。

成長だぞ。すごいぞ。

みんなも嬉しいことあったら教えてください。

他人の楽しかったお話、面白くなくとも聴いてて楽しいので。是非。

 

今日は本当面白みもない&短い記事だけど、ブログってそんなもんやん!ってことで。

 

おわり

3周年!!

どうも、でんたくです。

 

ということで!

 

昨日でこちらの「電卓の計算記録」は、はてなブログに移転して来て

3年になりました!!

f:id:prograph77:20191114180256j:image

 

早いね!

1ヶ月に数回しか更新してないこのブログですが、最近はブログ仲間も増えてきて楽しくなってきました。

これからもマイペースにそこはかとなく更新していく所存です!

皆々様、よろしゅうたのんますー!!

 

おわり

いろいろなフォロワー#1「パワーワードを生み出すフォロワー」

さて、思いつきで始まった「いろいろなフォロワー」シリーズ。

これは私が仲良くしてもらってる相互フォロワーについて熱弁する、というフォロワー大感謝企画です。普段は敬体で書いていますが、このシリーズでは毛色を変えて常体で。

とりあえず今、書きたいと思った方6人程に許可が取れたので、順々に紹介していきたいと思います。

とりあえず年内には6人分書き切ろうかなと。

それでは、身内ネタ炸裂記事の始まり始まり〜…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は記念すべき第一弾。

 

フォロワーの名前は「ちょこた」氏。

 

簡単に他己紹介をすると、ちょこた氏は私の一つ上の先輩であり、津田寛治氏の大ファンの物書きである。

ちょこた氏とは共有の趣味であるビットを通じて知り合った。

かれこれ知り合って2年以上は経っている。

 

ちょこた氏との思い出は色々あるけども、やはり一番は「深夜の推し語り」だと思う。

大体夜11時すぎくらいに突然始まる推し語り。

「〇〇がやばい」だの「△△のこのシーンが尊い」だの、至極健全な話から、ここでは書けないようなこともたくさん話している。

そのため、いつの間にかお互いの性癖を知っている間柄になってしまった。
簡潔に言えばやべぇやつである。でもそこはお互い様ということで。

 

この「いろいろなフォロワー」シリーズでは、フォロワーの良いところを書いていきたいのでポジキャンをする。

私が思うちょこた氏の尊敬できるところはやはり「好きなことに一筋」だと言うところだ。

2009年にビットで津田寛治氏演じる「J」が登場して以来ちょこた氏はJ及び津田寛治氏を応援しているらしいのだが、まぁ本当に筋金入りのファンなんだなというのはツイートから見て取れる。

常に津田寛治情報を流してくれるので、私は多分人並み以上に俳優・津田寛治氏について知っていると思う。

(ここでちょこた氏の代わりに宣伝をしておく。
津田寛治氏が出演する映画『RUN! - 3films -』が11/2より池袋シネマロサ他、全国で順次公開する。是非とも。)

 

それプラス、私は彼女のボキャブラリーセンスが大好きである。

ちょこた氏は最近ブログを始めたのだが、その文章からセンスが溢れている。それはもう、パワーワードの創造主。
インスタント合体ビーボってなんだ。
ってかどうやって生きてたらそんなパワーワードが生み出せるんだ。
とにかく面白い人だと思う。

読者登録もバッチリしたので、これからの更新を全裸待機している。

 

ここまでちょこた氏のことを書いてきたが、これを読んでちょこた氏のことが少しでも気になった方は、クセになるちょこたワールドを是非覗いてはいかがだろうか。

 

ちょこた氏のTwitter→‪@tyokotabit‬

ちょこた氏のブログ→ちょこたれぽーと

 

 

近日公開

いろいろなフォロワー#2

お楽しみに

 

 

おわり