電卓の計算記録

とある情報系高校生の何気ない日常

楽しい迷惑メールコレクション

どうも、でんたくです。

 

私の元には頻繁に迷惑メールが届きます。

大半は「あなたの口座にお金が振り込まれました」とか「〇〇の裸写真♡」とかクソの面白みもないメールなんですが、たまにツッコミ甲斐のあるメールが届くんですよね。

今回は私の元の届いたツッコミ甲斐のあるメールを紹介していきたいと思います。

 

※以下普通に下ネタがあるので苦手な方はブラウザバックしてください。

 

人類最強

f:id:prograph77:20190311173415j:image

 

人類最強から800万を受け取れるらしいです。

最強って何部門なんでしょうか。

 

俳優デビュー

f:id:prograph77:20190311173530j:image

 

次のクールのドラマ出演が決まりました。

ありがとうございます。

あと名前は裕信に改名していました。

よろしくお願いします。

 

長文

f:id:prograph77:20190311174046j:image

 

重い。重すぎる。

迷惑メールなのにちょっと考えさせられたじゃないか。

 

題名

f:id:prograph77:20190311174131j:image

 

題名で全部語るな。

一体どういう構成で送ってきたの??

 

詩人

f:id:prograph77:20190311174239j:image

 

エロ系のメールの中ではダントツで綺麗な文だと思います。

「最高品質の真珠の正体は私の乳首。」

インパクトの強い一文からは作者の文才が伺えます。

 

from教師

f:id:prograph77:20190311174506j:image

 

失礼すんな。

 

死語

f:id:prograph77:20190311174659j:image

 

ラブラブって死語なんですか!?

衝撃の事実。

 

名前が出てこない

f:id:prograph77:20190311174907j:image

ウルフギャング・ステーキハウスですか?

ワイキキ店 | Wolfgang's Steakhouse ウルフギャング・ステーキハウス - Official Website

 

間違い探し

f:id:prograph77:20190311175145p:image

 

間.違い..探しで.す。

 

ロケがある

f:id:prograph77:20190311175253j:image

 

何が!?

何が22時くらいなの!?

という返事を書かすための罠なんですか、これは。

 

半角カナ

f:id:prograph77:20190311175503j:image

 

勢いが好き。

逆に勢いしか無い。

 

同窓会

f:id:prograph77:20190311175810j:image

 

本当の同窓会には誘われないのに迷惑メールでは誘われるって面白すぎる。

 

コンビーフ

f:id:prograph77:20190311175700j:image
f:id:prograph77:20190311175703j:image

 

これが一番好きです。

私はこれを超える迷惑メールを知らない。

続編希望。

 

 

以上、私の迷惑メールコレクションでした。

最近はこういう面白い迷惑メールがなかなか届かないんですよねえ。

業界の皆様、是非迷惑メールを送る際は内容にも工夫を凝らしてみてはいかがでしょうか?

またいいメールが届いたら紹介します。

 

おわり

「ビットワールド」の夢時代が好きすぎるのでいい加減ちゃんとプレゼンしたい-2012年度編-

びっはーーーーーーーー

前回の記事、色んな方々に読んていただけて嬉しいです。

書いた甲斐がありました。

 

というわけで今回は2012年度を振り返ります。

2012年度のログって画像がないんですよね…(まあ私はほぼ全部保存してるんですけど)

今回も8,000字超え覚悟で頑張るぞ〜(白目)

 

※いろいろ話を抜粋しているのであまりちゃんとまとめられていないところもありますが、気になったところは皆さん自身でログを確かめてください…。

 

 

 

4月6日放送

自分の能力を誰かの役に立てたいと思ったヒロキ。

そのことを聞いたアスミンが「夢探偵事務所」を発案。

セイコー達も便乗しさっそく事務所の物件探し。

ドリームアクセスし、物件を探す一行だったが、マス子さんに「夢にアクセスするためには使用料が必要」と言われてしまいます。

今までのアクセス料含めた額のお金を請求されることに。

赤字スタートです。

そのため事務所の経費は大幅削減。

どうするべきかと夢世界を探索している中マスーニョが「DAMボール」を発見。

(DAMはDreamActiveMaterialの略らしいっす。Daiichi-kosho Amusement Multimediaの略ではありません。)

そのDAMボールを使って事務所のあらゆるアイテムを作ります。

これで経費内でやっていけるね!

で、今年度でマスーニョが完全に人型になります。

 

そして事務所を設立して初めての依頼人が。

小学生くらいの女の子。

「ブタの夢」を見るようになったとか。

 

続きは次の週ー

 

夢探偵事務所所員紹介

 

 頼れる事務所のリーダー!

所長:アスミン

夢探偵事務所の所長に就任!人一倍の正義感と行動力で悪と戦う!

「夢の調査依頼をチームアスミン一同待ってるぜ!」

 

どんな夢でもスイスイ解決☆

夢探偵:ヒロキ

人の夢にアクセスできる能力を生かそうと夢探偵に。一人前の夢探偵のして活躍できるよう、日々特訓中!

「みなさんのお役になてるように一生懸命がんばります!」

 

夢探偵事務所の天才科学者!

ドリームエンジニア:マスーニョ

DAMボール」という夢の世界の新素材を発見し探偵事務所のあらゆるアイテムを製作した。

自分の頭もダムボールでリニューアル。

「工作ならボクにおまかせ!夢探偵アイテムもボクが作るニョ!」

 

いつでも最新データにアクセス!

データ収集&分析:タカティン

尽きることのない探求心でリアルワールドから夢世界まで徹底的に調べ上げる。膨大なデータベースには国家機密レベルの情報が!?

「夢の世界のスーパービッグサプライズお届けするよ☆」

 

スムーズな調査をサポート!!

経理担当:セイコー

夢探偵事務所の財布のひもをにぎる経理担当!

様々な不思議世界を経験してきた大ベテランはきっと誰より親身になって相談にのってくれるはず。

「調査料金に関してご相談ください。こどもはなんと無料!!」

 

個人的にはこんなに長く在籍したサイコーの紹介が一番下なのが笑えます。

 

4月13日放送

依頼人の女の子、チカはブタに食べられる夢に悩まされているよう。

調査のため夢の世界へ。

夢世界へ入るとヒロキとチカは「三匹の子豚」の世界に迷い込んでしまいます。

狼から追いかけられた二人は近くにあったレンガの家に逃げ込みます。

しかし今度は「赤ずきん」の世界に。

部屋には沢山の本が。

するとおばあちゃんに変装した狼が近づいてきているではありませんか。

逃げ出そうとしたときセイコーたちはヒロキたちと音信不通に。

 

4月20日放送

二人は狼に飲み込まれてしまいました。

どうにかしようとアスミンは「コショウ爆弾」を発案。

早速狼にコショウをかけます。

すると狼はくしゃみを連発。

狼の胃の中からたくさんの本が現れました。

どうやらチカは図書館の本を返し忘れていたそう。

これにて解決。

解決後、事務所に誰かからお金が振り込まれていました。

タカティンは

 

「いいことをすると誰かがちゃんとみてくれているんだね!
これからもがんばるぞ!」

 

とか言ってるけど、出どころ不明のお金とか怖くない!?

 

5月4日放送

この回は過去の振り返り的な回です。

ヒロキが事務所のパソコンの中に入っていた、みんなの過去が記録されている秘密のフォルダを勝手に見ちゃったらしい。

こういう振り返りめっちゃいいっすよね…。

夢時代は過去に触れるような特別放送が結構多かった気がします。

 

そして最後にはタカティンが一番見られたくないというセイコー達がばっちりメイクした例の映像が!!

2007年9月28日放送回でお宝「美の花水」で美男美女に変身したシーンですね。

これ、2017年の「呪いのワッキーさんスペシャル」でも掘り返されてたので、伝説回になっちゃいましたね…。

 

5月11日放送

今回の依頼人はヒロキの学校の先輩、リュージ。

リュージはちょっと怖い系の人で、セイコー達ビット男子メンバーはビビッて断ろうとします。

しかしアスミンは、悩んでいる人はほっとけないと依頼を受けます。

リュージは夢に出てくる「ぶっちゃん」という生き物の正体を知りたいという。

リュージの夢の中に入ったヒロキ。

夢の中ではぶっちゃんと一緒で楽しそうなリュージだが、現実世界では涙を流していた。

ぶっちゃんは何かを話しているがゆっくり過ぎて聞き取れない。

そんな時に「雰囲気チェンジマシーン」

ここから発する煙を浴びると性格が真逆になるらしい。

煙を浴びたぶっちゃんは急にせっかちに。

ぶっちゃんが「ドーナッツ」と言ってることが聞き取れました。

すると天井から巨大なドーナッツが!

床に穴が開いて、ヒロキとリュージも巻き込まれ真っ逆さま。

 

5月18日放送

穴に落ちた先には巨大ドーナッツが。

素早く動くドーナッツを追いかけるヒロキたち。

 

リュージ「さっきから見覚えのある場所ばかり通ってる気が…」

 

リュージがドーナッツに触れるとドーナッツが突如として輝き、おもちゃに変身。

それはリュージが昔飼っていた犬「マロン」

ぶっちゃんは「マロン」だったことが判明。

するとぶっちゃんはそのまま空へと消えていきました。

笑顔で見送るリュージ。

のちにリュージはペットショップでアルバイトを始めたそうな。

 

普通にいい話過ぎて泣ける。

 

 

6月1日放送

今回の依頼はIT企業の社長、大沢伊吹。

大沢社長の悩みが、バスの中で泣いている夢ばかり見ているという。

 

ヒロキは夢の中のバスに。

バスの中には泣きじゃくった子供の大沢社長。

とまるボタンを押し、降車する二人。

そこには巨大な楽器だらけの空間が。

ピアノの橋をわたり始めると、その橋が「トロイメライ」を演奏し始めます。

すると二人の前に一匹の蝶が。

トロイメライと蝶になにか接点があるのか…。

 

6月8日放送

その蝶をマスーニョの開発したアイテム「なんでも捕まえ釣り竿」を使い捕まえます。

捕まえると蝶が光りだしました。

蝶は「トロイメライ」が演奏されるコンサートチケットに変わっていました。

どうやら社長にはお付き合いしていた彼女がいたものの、仕事が忙しくなかなかデートに行けず、それで彼女が自分から離れて行ってしまったことを後悔していたようです。

そのコンサートホールは彼女との待ち合わせ場所だったそう。

ヒロキに説得された社長(子供)はもう一度コンサートホールに行く決心をしました。

そしてバスはコンサートホールへ。

なんとそのバスを運転していたのは大人になった社長。

社長…大型二種免許持ってるんや…(そこじゃない)

 

社長はその後彼女とよりを戻しました。

よかったよかった。

 

6月29日放送

何故か私がめっちゃ覚えてる回です。

 

今回の依頼人はシュンという男の子。

シュンは忍者に追われる夢をよく見るそう。

話を聞くとどうやらシュンは家で宿題をやっていないらしく、それが原因で忍者が出ているのではないか、という結論に至りました。

しかしヒロキも宿題やらない属性なので、

「忍者(=宿題)から逃げ切る」

とドリームイン。

 

夢の中に入ると沢山の忍者が!

忍者に追いかけられるヒロキとシュン。

絶体絶命かと思ったその時、ネズミのような、タヌキのような、不思議な生きものが現れました。

その生き物は爪を生かして忍者を退治。

忍者は全滅。

シュンも宿題をやり、今度こそすべて解決。

 

しかしその生き物の近くに飼い主と思しき少女が。

 

この少女とあの生き物は、今年度のキーマンになってくるよ!!

 

7月6日放送

謎の生き物の飼い主の少女の名前はカオ。

クールで猫耳フードにミニスカート。絶対領域が萌えポイント~!!

 

カオ「この子はわたしのミーム。ポンタっていうんだ」

 

ミームは夢をつかさどる聖なる生き物のことらしい。

 

蛇足ながら、リアルワールドでいうミームというのは文化の伝達や複製の基本単位のことです。

もともとは動物行動学者であるリチャード・ドーキンスが…

長くなりそうだから僕が強制終了しといたよ!知りたい人は各自調べてね!

 

カオもヒロキと同じ人の夢にアクセスする能力を持っているらしいのです。

ポンタのようなミームをヒロキも欲しいとカオに頼みこむと、カオはヒロキを「ネスト」という場所に連れて行ってくれました。

ネストには危険が沢山孕んでいるようで、カオも入り口までしか同行できない。

 

ヒロキはこのネストを攻略することになったのだ。

 

7月13日放送

緊急生放送!!ネスト攻略!謎の生物・ミームをゲットせよ! 」

 

これは今もサイトでゲームが公開されているので是非プレイしてみてください!

 

一体目のミーム「キャンディー」

キャンディーは思うだけで物を自在にあやつれる「念動力」の持ち主。

 

二体目のミーム「フント」

フントは物を探しだす能力「超嗅覚」の持ち主。

 

三体目のミーム「バロン」

バロンはどんなものでも大量にコピーを作る「無限コピー」の持ち主。

 

ヒロキは三体目のミーム「バロン」を仲間にすることにしました。

 

ここからヒロキの夢戦士としてのお話が始まっていきます!!

 

7月20日放送

バロンの飼い主になったヒロキですが、バロンはヒロキを飼い主として認めていないよう…。

そこで、タカティンが作ったトレーニングプログラムでヒロキがバロンに飼い主として認められるようにトレーニングすることに。

 

「スイカに襲われる夢」「おにぎりに追いかけられる夢」「クマと格闘する夢」を経て、ヒロキは気持ちを集中させれば、ポンタの心を感じることができるということを学びます。

 

事務所に帰ってもなおバロンは不愛想な感じですが、なんとか一山は越えたのかな!?

 

9月7日放送

新衣装お披露目の日。

 

全員分の衣装が届くはずが、マスーニョのだけ届かず。

 

そしてそのあとカオが差し入れにケーキをプレゼント。

しかしカオはマスーニョのことをダンボールのロボットと勘違いしケーキを用意していなかったようで…。

 

タカティンはバロンのための豪華な椅子を披露。

あたかも自分が作ったように見せびらかしたけど、それマスーニョが作った椅子だからね~!?

 

そんなことをしていたらマスーニョがすねちゃいました。

そりゃそーだよ!

 

次の日、

「夢の中に旅立ちます。どうか永遠に起こさないでください。」

という置手紙を残しマスーニョは眠りに。

額の文字も「内」になってしまっていました。

 

9月14日放送

マスーニョはもともと内気で傷つきやすい性格で有名なサビシーニョ族、という設定はこの頃はちゃんと公式でも触れられていてちゃんと生きてました。

今その設定どこ行ったんだろうなぁ…。

 

マスーニョは自分たちのせいで傷ついたということを理解したタカティンたちはヒロキを通じてマスーニョを夢の中から戻ってくるように説得させることにしました。

 

マスーニョは夢の中で「マス―魚」になっていて全くヒロキの言うことに耳を貸しません。

そこで、バロンを夢の中に送り込み、バロンのコピー能力でマスーニョをコピーすることに。

沢山のマスーニョに囲まれたマスー魚は、たくさんの仲間がいると気づいて元の世界へと戻ってきました。

 

放送後記の最後、

「マスーニョ!君は一人じゃないんだよ。いつだってぼくらがいるさ。
新しい衣装、とっても似合ってるよ!」

ってタカティンが書いてて結構ジーンときました。

 

10月12日、19日放送

(だるくなってきたのでここから解決編も一気に振り返ります)

 今回の依頼人は高校生のハルカ。

ハルカが大切にしているアヒルのぬいぐるみ「グワコ」が町の人をアヒルに変える夢をみるらしい。

 

バロンと一緒にヒロキはドリームイン。

話通り巨大なアヒルが現れ、町の人たちをアヒルに変えてしまいます。

バロンの能力でも歯が立たない。

 

事務所で分析をしてみると、人間に変えられたアヒルに絆創膏がついていることを発見。

実はハルカの実家は病院。

ハルカは医者になるのが夢だったものの、このまま医者を目指すだけでいいのかと迷っていたよう。

夢の中にいた人たちは、ミュージシャンやお花屋さん、ハルカの興味のあるものに関係した人たちだったのです。

グワコはハルカの医者にならないといけないという重圧の代わりに他の職業への憧れを打ち消していたというわけ。

 

 

バロンは、コピーする能力だけでなく一つにまとめる能力も持っており、そこにいた沢山のアヒルを一つにしました。 

 

一つになったアヒルとグワコ。

そこに医者になったハルカの姿が。

重圧を押しのけてやっぱり医者になりたいと思ったハルカ。

受験勉強も今以上に頑張るようになったみたい。

これにて解決!

 

11月2日放送

田中たけし初登場。

 

そしてこの回めっちゃてんやわんやしてた記憶。

 

ゴミだらけになった事務所、消えたタカティン、大量のピザを持ってきたピザ屋の店員田中たけし。

田中が去るとグラサン姿の拳銃を持った外国人が登場。

不審者オブ不審者。

外国人はタカティンを探していたようですが。

 

果たして真相は…。

 

11月9日放送

トーヤ再登場!!

 

言わずもがな神回だよ。

 

で、事件の真相はタカティンが「トーヤを呼んでサプライズパーティーをしようと思っていた」ということに。

タカティンは夢ファイルを整理している途中にたまたまトーヤの夢を見つけて、トーヤの居場所を突き止めたらしい。

 

怪しい外国人はマジシャンで、タカティンに呼ばれて来たそう。

あとでマジックを披露してくれました。

 

トーヤは花屋の店員をしていて、シャビと仲良く暮らしているそう。

トーヤ期は壮絶すぎたからなあ…幸せになってくれ、トーヤよ!

 

12月14日、21日放送

今回の依頼人はサトミとカズヤという姉弟

夜中にうなされているカズヤを心配してサトミが依頼したそう。

しかしカズヤはゲームに夢中で話をしてくれない。

 

ヒロキがカズヤの夢に入ると、動物の格好をしたカズヤの友達が。

動物の格好を気にすることなくカズヤはその友達と遊び始めました。

どうしてだろうかと悩むヒロキ。

そこに一人の少年が。

その少年はミーム「フント」を連れていました。

彼はフントの飼い主だったのです。

名前はトオル

赤いストールが特徴。敬語で礼儀正しい、ヒロキよりは断然賢く頼れる子です。

 

トオルが言うには、サトミは大事なものを失くして悲しんでいたらしい。

 

ヒロキとトオルが話していると空に足の形をした隕石が。

それを見たカズヤは走り去ってしまった。

カズヤを見失った二人は、フントの能力「超嗅覚」を使ってカズヤを探すことに。

フントはカズヤの匂いを辿って「ドールハウス」に行きつきました。

どうやらカズヤはサトミの大事にしていた人形を足で蹴って壊してしまったことがあったよう。

それを言えずに悩んでいたカズヤ。

 

目覚めたカズヤはサトミに謝り、二人は仲良く帰っていき一件落着。

 

そしてその事件の後依頼のメールを確認すると、急に依頼数が増えていました。

これは何か大きな事件の香りが…。

 

1月18日放送

この日はいろんな事件を抱えて事務所は大忙し。

 

そんな事務所に田中たけしがピザを届けにやってきました。

なんでも依頼人から悪夢を解決してくれたお礼にピザをプレゼントしてくれたよう。

でも誰もその依頼を解決した覚えはなく、もしかしたらヒロキ、カオ、トオル以外のミーム使いがいるのでは!?という話に。

一体誰が…。

 

1月25日放送

トオルがフントを飼うきっかけは、夢の中でクモに襲われそうになった時不思議な声に導かれネストに辿り着いたのがきっかけだそう。

最近クモの悪夢の依頼が急増しているのに何か関係があるのかも…。

 

ヒロキとカオは未解決の夢の中へミーム使いを探しに行きました。

夢の中を探索していると巨大なクモが!

その時、ミームが現れクモを蝶に変えてしまいました。

そこに現れたのはかわいい女の子。

 

かわいい女の子!

 

もう一度言おう、

 

かわいい女の子が現れたのである!!

 

いや、放送後記に書いてるんですよ、「かわいい女の子」って。

タカティンがそう言ってるんですよ。

でも本当にかわいいんすよー。

ロリータ服の女の子。

その子の名前はアリス。

そして一緒に連れていたのがミームの「モルフ」

モルフは相手を好きなものに変身させることができる能力を持っています。

アリスもまた、謎の声に導かれてフント使いになったそう。

一体その声は何だろう…。

 

2月1日放送

どこからか聞こえる謎の声に導かれてネストにやってきたヒロキ、カオ、トオル、アリス。

 

するとそこには男の子が。

名前はレン(レン・ダーリンではないです)

風を自由に操るミーム「グリース」の飼い主だそう。 

民族衣装っぽい感じでかわいい系の少年ーー!

かわいいよ―――!!!

 

ネストの主が現れ、悪夢の原因について話します。

どうやら「アラーニエ」という化け物の仕業らしい。

アラーニエを倒さない限り悪夢にうなされ続けるとか。

 

因みにアラーニエはギリシャ神話のアラクネーから来ているものと思われます。(公式発表ないから憶測でしかない)

ラクネーとは機織を得意としていたものの、それが原因で過剰な自信を持ち、機織を司る神を怒らせてしまい、その罰として糸を紡ぎ続ける蜘蛛の姿に変えられてしまった悲劇の女性としてギリシャ神話の「変身物語」に登場します。

このあたりのビトワって神話からよく引用しますよね…。

おしゃれで私は好きですけど…。

 

そこに突如クモの大群が!

ネストの主はクモに覆われて動かなくなってしまった。

ネストの主は最後の力を振り絞り、ヒロキたちに光を送った。

その光は指輪になって5人の指に。

この指輪がアラーニエを倒すのに必要なんだとレン。

5体のミームとその使い手は夢戦士となって最後の戦いに挑むことになります。

 

2月8日放送

「緊急生放送!!夢戦士 最後の戦い!諸君、結集せよ!」

感動の生放送です!!

私は今思い出しても泣きそうになる。

 

クモに覆いつくされてしまった夢世界。

夢世界の中心にはアラーニエの繭が。

アラーニエがやってくる前に繭をつぶさないといけない!

しかしどうやってそこまで行こう。

その時、ヒロキたちの指にはまった指輪が光り、道ができたのです。

 ミームの力を借りて進んでいきます。

 

途中リュージの夢に出てきた「ぶっちゃん」が出てきたりハルカが大切にしていたぬいぐるみ「グワコ」が出てきたりと一年を振り返る感じになります。

この時点でジーンときます。

 

繭が見えてきたとき、ヒロキの指輪が光り、メロディーが流れます。

するとアラーニエにダメージが。

どうやら指輪のメロディーを奏でることでアラーニエを倒せるようです。

 

ヒロキたちに合わせて指輪のメロディーを視聴者のみんなが奏でます。

するとどこからか聞きなじみのある声がしてきます。

 

ヒロキの先輩のリュージ。

医者になるのが夢のハルカ。

絵本の世界で出会った初めの依頼者チカ。

宿題が嫌いなシュン。

カズヤとサトミ姉弟

大沢社長とその彼女。

今まで夢で助けてきた依頼者たちが指輪のメロディーを歌ってくれているのです。

 

これ書きながら思い出して泣きそうです;;

 

最後のシーンはホームページで公開されているゲームをクリアすることでムービーを見ることができます。

マジで見てくれ―――――本当これ見て!!

 

ダイバーの中にいたセイコー達も歌い、みんなの歌声が合わさったとき、暴れていたアラーニエが静かになり、指輪のメロディーを奏で始めました。

 

これにて夢戦士最後の戦い、完結!!

 

2月15日放送

夢、それは未来! ヒロキが選んだ新たな道

 

あの戦いの後、ヒロキたちはネストの入口へ向かいます。

そこにはヒロキたちに指輪をたくして力尽きたネストの主が。

ふと目をやると小さくなったアラーニエ。

どうやら元の姿に戻ったようです。

ネストの主はアラーニエが人の悪夢を食べて良い夢に変えてくれる特別な能力を持ったミームだったことや、アラーニエが凶暴化してしまったのは、食べる悪夢の量が増えすぎてしまったせいだと教えてくれていました。

 

しかし夢世界は今回の戦いですっかり荒れ果ててしまいました。

元の夢世界に戻すためにはみんなが楽しい夢を見るようにならないといけないらしい。

 

ヒロキ「大丈夫です!ボクたちが頑張って、元の楽しい夢世界をよみがえらせます!!」

 

頼もしすぎるぞヒロキーーーー!!

おまえーーーー

二年でかっこよくなりすぎだわ;;

 

こうしてヒロキは夢世界復興計画のリーダーに就任。

でも最後の最後の演説でかんじゃうあたりはヒロキっぽさ全開だけどね!

 

多額の借金は今回の活躍で帳消し!

めでたしめでたし。

 

これでにて2年に渡ってお送りしてきたヒロキの物語は終焉を迎えました!

 

まとめ

2年間のヒロキ時代をこうして二記事にわたってまとめましたがどうでしたか??

なんせ過去文献を全て読むことから始まりますからね。

超大変だった。

それに画像とかいちいち見てたら思い出に浸りすぎて記事が進まねえのなんの!

部屋の片づけしてたら思い出の品が見つかってそれ見てたら時間たってた的なアレです。

しかもだらだら書いてたら超読みにくい文になってしまった。

すんません…。

2011年度は私情を入れすぎたので2012年度のほうは本当にガチでちゃんとまとめたんですがそれでも読みにくいっすね…。

でもまあ自分夢時代大好きなんで!!!

満足です!

それでは、ずっとキーボード叩いてた腕がぴくぴくしてきましたし、金曜ロードショー見たいので、この二記事合わせて17,000字超えという長ったらしく続いた夢時代まとめ、この辺で終わりにしましょう。

こんな長い文を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!!

 私は皆さんの推し年度のまとめを見たいよ!!!

 

リンク

NHK / ビットワールド - ビットワールド・ナウ

NHK / ビットワールド

NHK / ビットワールド - ゲーム - スゴロクゲーム ダイバーを進めて、ヒロキをピンチから救おう!

NHK / ビットワールド - ゲーム - ムーマの当現る! 謎のゲームを攻略せよ!

NHK / ビットワールド - ゲーム - ネスト攻略 謎の生物ミームをゲットせよ!

NHK / ビットワールド - ゲーム - 夢戦士最後の戦い 諸君終結せよ!

 

 

過去に描いた夢時代イラスト置いときます。

 

2011年度布教イラスト

 

f:id:prograph77:20190308205050j:plain

 

夢戦士

 

ヒロキ布教イラスト

 

ドリームダンジョン組

 

おしまい

「ビットワールド」の夢時代が好きすぎるのでいい加減ちゃんとプレゼンしたい-2011年度編-

ビッハーーーーーー!!!(今や「ポコピコハロー」に覇権を奪われかけているビットワールド流挨拶)

 

このブログでは以前に何回か「ビットワールド 」についての記事を上げているのですが、ちゃんとしたプレゼンって実は一回も出来てないんですよ。(まずちゃんとしたプレゼンって何)

で、昨日某ビトクラさんが「夢探偵編いまいち過去ログだけでは把握できなかったので、でんたくさんにまとめて欲しい」的なことを仰られたので、いやもうこれはやるしかないな(使命感)と思い今回満を持して、私の大大大好きな夢時代(‘11-‘12)についてプレゼンしていこうと思います。

 

以下語彙力の無いオタクの気持ち悪い文章盛りだくさん。

 

 

ヒロキという男

本年度の主役、寺坂尚呂己さん演じるヒロキ。

彼のキャラクターを一言でいうと、ヘタレ眼鏡

いや、もっとないんかいな

もっとあるよ!?あるけどね!?

やっぱヒロキという男を一言で表すにはこれが一番なんですよね…。

ヒロキはリアルワールド出身の人間。(こういうことをわざわざ書くくらいビットの人間率が低い)

ですが、ヒロキには他人の夢を見ることができるという能力を持っています。

その能力のせいでヒロキはいろんな事件に巻き込まれることになるんですが…っと

 

ここからは当時のお話とともに振り返りましょうか!!!

 

4月15日放送

ヒロキ初登場。

いやぁ、かわいいっすね。かわいい本当に。

オタク特有のいきなり語彙力無くなるやつだ…。怖い…。

ヒロキの耳に吸い込まれて謎の世界に吸い込まれる一行。

 ハラキン寝大仏が登場。

こいつは寝言をつぶやく大仏なんですが、この後「ねごったー」というコーナーが爆誕

あとこれはまだ先の話ですが、ヒロキのコーナーってヒロキが黒歴史量産しやすいようなコーナーばっかなのよね。

モテールの館とかワッキーさんとか。

ワッキーさんはいろんなコーナーの中から視聴者投票で決まったコーナーだったけど、これでよかったんか!?ヒロキよ!?

知らんがな

あとこの年のED曲はねごとの「フレンズ」です。

 ちゃんと年度テーマにかけてるとこが最高。

これきっかけで私はねごとを好きになりました(にわかながら)

でも今年の7月20日に解散しちゃうの悲しい…。

 

ちょっと話逸れすぎました。

 

しばらく夢世界を探索していると、とある弓を構えた少年が現れます。

 この少年が本年度のキーマンになってくるんですよ~!

年度初回からぶっこんで来るよね~。

 

4月29日放送

本編二話目にしてタカティンがヒロキの夢にアクセスできるマシン「ドリームダイバー」を開発。

いや、天才かよ。

普段こういうのはマスーニョがやってるイメージなのに…と思いましたが、タカティンは夢の中でマスーニョの設計図を見たらしい。

結果マスーニョのおかげなんか…。

でも冷静に考えて夢の中の設計図を見て現実世界でそれを書き起こして作ったってやばくね?

 

ヒロキは目覚ましをかけて5秒以内に眠りについちゃうんだけど…それ大丈夫!?

睡眠というか意識失ってない!?

でもまあそんなことは知ったこっちゃないですね。

すぐに寝てもらったほうが都合がいいですからね。

一行はドリームダイバーでヒロキの夢に入ります。

そこで遂にマスーニョを発見!

人型になった姿で!!

今や当たり前になった人型マスーニョ初披露の瞬間です。

 

5月6日放送

さかさまの部屋に閉じ込められたマスーニョたち。

さかさちゃんという化け物に追いかけられ大ピンチ!

でもこれは夢なのでヒロキの夢が覚めたらこの状況から脱することができるんです。

夢オチ大前提なんですよ。

 

目を覚ましたヒロキ、そしてリアルワールドに帰ってきた一行。

マスーニョは元の箱に戻ってました。

一応この頃は完全に人型になったというよりは、夢の中のマスーニョが人型ということなんですよね。この頃はね。

 

5月20日放送

ここでヒロキはゲーム好きということが分かってきました。

ヒロキが眼鏡をかけているのは勉強のしすぎじゃなくてゲームのし過ぎでしょうね、納得!(勝手に)

 

で、この日も例の少年が…。

ふぅ~!泳がすねぇ~!!

 

5月27日放送

この日は世界観がぶっ飛びすぎて一周回ってトラウマレベル。

まぁ夢だしなんでもありだよね。

10人の緑の芋ジャーを来たのっぺらぼうのおっさん。

 そして宙を舞っていた目・鼻・口が合体!!

音楽に合わせてラインダンス!!

カオスすぎる。

これが狂育番組たる所以。

結局そのおっさんはヒロキの学校の先生で、宿題をしなかったため現れたよう。

 

ここでヒロキが宿題はしない属性だということが判明。

その後アスミンたちがヒロキの宿題を手伝うのですが、

なんせ「小豆」が読めない。

漢字に弱いことも判明。

ついでに、アスミンとマスーニョも読めてないんですよね…。

その中、タカティンだけが「小豆」が読めるという状況。

夢時代のタカティンはしっかり者属性って感じですよね。

 

6月3日放送

私が大好きな回の一つ!!!

アスミン先生が勉強中に眠くなってしまうヒロキを鍛え上げる回です。

 

中でも好きなのが、

 

60%の笑顔で仁王立ちピース

 

お前~かわいいなぁ~!!

なんで60%なんだろう。でもサイコーだと思います。

 

そして新しく判明したヒロキの犬嫌い。

私も犬苦手だからわかるぞその気持ち~~~

 

6月17日放送

はい、前回に引き続き神回。

この回を簡単に説明すると

 

ヒロキが

アスミンと付き合う

夢の中で

 

これを神回といわずなんと言う!!

 

アスミン「ヒロキ、アタシのこと……好き?」
ヒロキ 「うん、もちろん」
アスミン「よかった! アタシも!」

 

アスミン「ねえヒロキ、……アタシとつきあわない?」
ヒロキ 「え?」
アスミン「あっ、ごめん!
     へんなこと言っちゃったかな、ハハハ!」
ヒロキ 「いや……こんなボクでいいなら……」

 

_人人人人人人_
> 全部公式 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

二次創作じゃないよこれ…。

夢ってすげえや…。

これから創作で行き詰まったら全部夢ってことにしよう…。

 

でも一番面白かったのはこの回が2017年7月28日の「呪いのワッキーさんスペシャル」でアスミンの黒歴史として紹介されたことですね。

 

6月24日放送

このログは

「恋」という字を見てごらん
「心」という字が下にあるのさ
 恋って、下に隠れた心をさがすゲームなんだね

 という深そうで浅い詩から始まります。

これはたぶん愛は真心、恋は下心的なことを言ってるんだと思います。

知らんけど。

でた、関西人のきめ台詞「知らんけど」

さて、前回の続きです。

結果から言うと、ヒロキはアスミンにひどいからあげを食べさせられ、ムーマに取り囲まれ散々なデートになりました。

ヒロキはそれが似合ってる。それでこそヒロキだ。

 

で、おなじみの謎の少年!!

彼の存在感がどんどん高まっていきます。

先に言いますが、こいつ私はめっちゃ好きです。

 

7月1日放送

ヒロキが夏服になりました。

はてな人がヒロキにクイズを出すという回。

ドリームダイバーから見守るセイコーは答えがすぐに分かったのですが、なんせヒロキなんで、全然答えられないんですよ…。(因みにマスーニョとアスミンも答えられてない)

初回放送の時、放送後記で「かしこそう」って言われていたんですよね。

眼鏡の力ってすごいっすよねー!

なんで眼鏡かけただけでかしこそうに見えてしまうんだろうか。

私も眼鏡ユーザーなのでよく「頭よさそう」って言われます。

実際は頭お花畑だからそういう偏見やめてくんなまし!!!

 

7月15日放送

前半戦はクライマックスに突入!

犬が嫌いなヒロキが夢で出会った柴犬チロの飼い主を探すことになってしまいます。

このあたりからヒロキに「他人の夢を見るという力を誰かの役に立てたい」という気持ちが芽生えはじめています。

もー、憎めないよなあ!

 

7月22日放送

緊急生放送!!犬と少女とスゴロクと!

これ今でもプレイできるのですが、このゲームをノーコンテニューでクリアするとムービーを見ることができます。

でもこれをノーコンクリアするの本当に大変なんですよ!

なんせスゴロクなんて運ゲーじゃないですか?

途中で雷手人魔というムーマが追いかけてくるんですが、そいつに捕まったらノーコンクリアになりません。

しかも最後の最後に「2マス戻る」マスが3つ連続であるんですよ!!

いやもう本当にムリゲー。

私そのムービー見るために16回やりなおしました。

しんどかった…。

で、やっと、やっとムービーが解放されたーーーーー!

クリア

ぜひ皆さんもノーコンクリア目指してみてくださいね!!

私は1時間半くらいかかった!!

1時間半…!?

生放送は無事成功「congratulation!」で終わったのですが、最後に謎の少年…。

ふぅ…。

早くこいつのことを書きたくてうずうずしてきたぜぇ…?(スギちゃんボイス)

 

7月29日放送

 

はい、でましたーーーーーーーー例のローブの少年!!

 

イケメン!!!!

 

イケメン!!!!(大事なことなので二回言いました)

 

 

8月5日放送

8月入っても通常放送してるのめずらしいですよね。

で、今回もヒロキとアスミンのコンビ。

 

ヒロキの夏バテをぶっ飛ばせ大作戦!!

 

アスミン「海にいこう!」

 

ヒロキ「ボク泳げないんで…」

 

ヒロキの新情報、カナヅチ!

いやぁ、やっぱこうでなくっちゃ…。

 

9月2日放送

2学期スタート。

ヒロキも学生です。

学生といえば夏休みの宿題!

ヒロキはもちろん終わってません!!

期待を裏切らないよね。

 

9月23日放送

神回。

神回大杉

しゃーないやん、神回なんだから!

 

猫娘に変身しているアスミン

猫になったヒロキとセイコー

 

あざとすぎんよーーーーーーーーーーー!!!!!!

もう本当にかわいかった。

現場からは以上です。

 

9月30日放送

ドリームバーに来たヒロキはゲームが禁止されるかもしれないということをバーのマスターに相談。

 

するとマスターは

「コインハウスといってお金がいくらでも手に入る建物があるそうです。そこにいけばなんでも好きなことが好きなだけできるようになるそうです。ただ恐ろしいムーマがでるそうで…。」

 

それを聞いて直ぐにコインハウスに向かうヒロキ。

ヒロキは欲望に忠実ですよね。

いいことだと思います。

 

でもこうしてヒロキを見ていると、トーヤはしっかりしすぎじゃないですか???

ランド時代のミクから始まりいろんなヒロインが出てきましたが、ヒーローはトーヤが初めて。

初ヒーローがトーヤってインパクト絶大っすよ…。

 

お宝を発見したヒロキだったが、そこにウツボハザードというムーマが。

ウツボハザードは超強力。

どうするべきか…。

 

そのとき現れたのが、あのローブの少年

 

助けてくれた!

そう思ったらすでに彼の姿はない。

謎多き少年…。好きよそういうの…。

 

10月7日放送

大量のマスコ先生が!

と思ったら謎の男が!

そいつはイケチャン…じゃなくて…

そいつの正体は次の放送で!

 

10月14日放送

その男の正体はムーマハンターのイケゴロウ。

しかも伝説のムーマハンター。

彼曰くムーマは夢の世界の大事な仲間だそう。

 

10月28日放送

ここから話は急展開を迎えます。

 

ドリームタウンにオープンした夢ショップ。

その店には夢が現実になる「夢ソフト」が売られていました。

店員曰く「オープン記念で無料です。会員登録していただく必要があるのでここにサインをお願いします。」

 

あんまりやすやすとサインなんてするもんじゃないぞ!!

 

まぁヒロキはしちゃうんですが。

 

「夢ソフト」を手に入れたヒロキは家に帰って「夢ソフト」をはじめる…かとおもいきや、ヒロキは「書いたものが手に入るソフト」をやり始めました。

 

欲望に忠実すぎるぞ…。

いや、本当ですよ。

 

その後、いつもどおり眠っているかと思いきや、全然起きない!

これはおかしいと思ったタカティンはドリームアクセスを試みます。

しかし謎の亜空間に。

 

いったいどうなるの…

 

11月4日放送

「夢ソフト」が不良品だと夢ショップの店員に抗議するヒロキ。

しかし、「夢ソフト」のシールの下には「ヒロキの夢と魂をいただきます」という文字。

 

店員「ついでなので言っておきますが、あなたは一度も現実世界に戻られておりません。全ては夢の中での出来事だったのです」

 

いやこわすぎるでしょーーーーーー!

 

すると店員はムーマに変身。

 

アスミンのジャークビームをお見舞いするっす!!

(ログを見ていたら口調がぺー次になってくる病)

 

ムーマは無事、邪気清掃洗濯機に封じ込まれました。

一件落着…。

 

だと思いますか…?

まだ、11月ですよ…?

 

12月2日放送

おまいら!!!ローブの少年のターンだぞ!!!

 

ハザマというムーマが現れます。

そいつの目的がローブの少年。

少年に腕をつかまれるヒロキ。

夢の中の出来事なはずが起きたヒロキの腕にはつかまれた跡が。

 

あの少年本当に顔をあんまり見せてくれない…。

 

12月9日放送

ヒロキの制服姿だぞーーーーーー!

 

ビットでは珍しく、ヒロキはセイコーたちの生活と学校を両立してます。

(まぁ実質寝てるだけなので両立もくそもないんですけど…)

 

そしてヒロキの友達、山崎登場!

9月2日の放送でも友達の描写がありましたが、結構こうして交友関係が書かれてるのも珍しいんですよね、ビットって。

 

ヒロキの服

そんな制服含めヒロキの服描いてみたんですけど、全然足りないっす…。

また描きなおしますっす…。

 

1月20日放送

山崎が倒れ、救急車に運ばれる。

山崎の周りには謎の落書きが。

そしてそこの病院にまた新たな少年が運ばれてきた…。

 

そう、あの謎のローブの少年!!

 

似た症状で運ばれてきた患者さんが他にもいる。

その共通点はクモの巣のような痣があるということ…。

 

1月27日-2月3日放送

全ての元凶がツバサが発見した「Dream Dungeon」というゲームだということが判明。

そして今回意識不明で運ばれた山崎、アパッチ、ROSEはみんなツバサのゲーム仲間。

そのゲーム仲間の中で意識を失っていない少女、スネークこと立野カオル。

ツバサは病院に運び込まれる際、その「Dream Dungeon」のデータが入ったメモリをスネークに渡して欲しいとヒロキに託しました。

 

個人的にこのシーンが無茶苦茶好きなんですよ。

これもまた後の話なんですけど、ツバサはハッキングプログラムをいとも容易く開発しちゃうくらいの秀才なんですよ。

そしてカオルもゲームのロックをすぐに解除してしまう。

言うなればこの集団、天才ハッカー集団なんですよ。

ツバサがメモリをカオルに渡した、そのシーンが、ツバサがカオルに絶対的な信頼をおいているような感じがして本当に好きなんです。

 

ヒロキはこのドリダン(勝手に略しました)を攻略する為にゲームの世界へワープすることになりました。

 

ゲームしか取り柄がなかったヒロキが輝く時です!!!!!

やったね!!!

 

めっちゃ今更なんですけどムーマって夢魔から来てますよね。

夢の中に現れて人を苦しめる悪魔。

ただ古代ローマ神話とキリスト教における夢魔は、淫魔とも言われ、夢の中に現れて性交を行うとされる下級の悪魔らしいんですよね。

とんでもなさすぎるよね!?!?

男性型のインキュバス(英: Incubus)は睡眠中の女性を襲い精液を注ぎ込み、悪魔の子を妊娠させる。女性の姿をした(もしくは女性に変身した)夢魔は、サキュバス(英: Succubus)といい、睡眠中の男性を襲い、誘惑して精液を奪う。(Wikipediaより引用) 

 こっわ、こっわ!!

 

でもビットってたまにめっちゃ名前凝ってるやつありますよね!?

 

例えば‘10のカイ。

カイの本名「カイ・ヴェルザンディー」

ヴェルザンディーというのは北欧神話に登場する運命の女神で、その名前は「生成する者」「現在」意味します。

やべーー逆になんでカイだけここまで凝られてるの〜好き。

 

話が脱線しすぎました。

 

2月10日放送

生放送で、ドリダン攻略です。

 

山崎くんとツバサくんがふたりで開発したハッキングプログラム「イカロス」を実行するとこの塔のムーマをすべて浄化できるとカオル。

 

さらっと言ってますけど山崎もハッカーなんですよねーーーー

山崎に勉強教えてもらえよヒロキ!

 

因みにイカロスはギリシア神話に登場する人物の1人で、蝋で固めた翼によって自由自在に飛翔する能力を得るが、太陽に接近し過ぎたことで蝋が溶けて翼がなくなり、墜落して死を迎えたという話でも有名です。

 

そして、イカロスを実行したヒロキ。

その瞬間ムーマが消えます。

 

リアルワールドでは山崎達も目覚め、これにて一件落着…ってツバサは!?

 

2月17日放送

ムーマを倒したはずなのにツバサが目覚めないと山崎。

再びドリームアクセス。

 

ヒロキは夢の中で山崎の落書きのようなものを見つけます。

どうやらそれはツバサの書いたプログラムだそう。

あの時山崎はプログラムを書いてたんやな…。

 

そしてヒロキは夢の中のツバサの過去を覗き見ます。

 

カオルは

「ドリームダンジョンをプレイした人から体調が悪くなったという話を聞くことが多くなった。その中にはムーマになってしまった人もいた」

という。

 

だからツバサはムーマをつまりプレイヤー達を守っていた…と。

 

うっわ、ツバサお前やることイケメンすぎかよ!!!!

イケメンは顔だけかと思ったわ!!!!

好き!

 

そしてヒロキは漸くツバサを発見。

 

ツバサ「ぼくはここに残る」
ヒロキ「え!?どうして?」
ツバサ「この塔にはまだ邪悪な力が残っている。その力を完全に封印することはできなかった。だからぼくはこの塔に残って、誰もこの塔に入れないように見張りを続けなきゃいけないんだ」
ヒロキ「どうしてツバサくんがそんなことしなきゃいけないの!?」
ツバサ「ぼくがこのゲームを始めた。ぼくがケリをつける」

(ビットワールド ナウより引用)

 

ツバサぁ〜お前責任感強すぎるだろ〜

 

ヒロキはどうにかしようと、ハンマーでミノス・タワーを叩き始める。

 

(あ、ゲームの舞台がミノス・タワーって言うんです。

因みにミノスもギリシャ神話の登場人物です。)

 

ここでハンマーで叩き始めるのがヒロキっぽいですよね〜!

なんかもうアホというか普通の人では思いつかない、逆に天才。

しかしそのハンマーが塔に反応。

ゲームをクリアしたことでプログラムが変わったらしい。

すげえや。

 

そして遂に塔は崩壊(システムダウン)

ツバサは目を覚ましました。

 

最後のヒロキの「絶対にツバサを助ける」という気持ち、一年で本当に成長したなぁぁぁぁお前ーーーー!!

 

これにて2011年度完結!!

 

と書いてきましたが、7000字超えました。

てっぺんも越えました。

余裕で4時間くらいこの記事に費やしました。

最後の方とかヒロキというよりツバサのことばっか書いてます。

読みにくい超駄文ですいません…。

とりあえず2011年度はここまで!

明日は2012年度についておさらいしていきたいと思います。

何時間かかるんだろ…。

こうやってまとめを書いている間に8000字超えました。ワロタ。

とりあえず、今日はこの辺にしときます。

では!!!!

ご飯を食べていたら玄田哲章の声がした。

どうも、でんたくです。

 

先日友人の吉岡とランチに行きました。

(吉岡については以前の記事「とても楽しいことがあったよ」をお読みください)

ランチっていうとすごいオシャレOLっぽさがあるんですが我々みたいな陰キャ童貞オーラを放つ人のただのお昼ご飯です。

オシャレ感は皆無。

 

私はオムライスを、吉岡はサラダ定食を注文しました。

オムライスを別に好きじゃないんですけど昨日夢でオムライスが出てきたのでオムライスを食べました。

サラダ定食って何なんでしょうね。

サラダって主菜なんか??

副菜ちゃうんか??

 

あそこの店はワンマンなので料理が出てくるのがちょっと遅めです。

オーナーは副職(何の仕事かは教えてもらえなかった。)で儲けているらしいし誰か雇えばいいのにと思ったんですけど、あの店、知る人ぞ知る店なのでバイトすら募集してないんでしょうね。

 

何故私たちがそんな知る人ぞ知る店に来れているか、実はこの店吉岡の元実家なんですよ。

吉岡が10歳まで育った家なんです。

その後吉岡は隣町に引っ越したんですが、オーナーのご好意でたまにこの店に足を運ばさせていただいています。

 

そうこうしている内に料理が来ました。

オムライスは所謂オムライスって感じです。

何のひねりもないです。

問題のサラダ定食ですが、思ってたのと違いました。

ご飯にサラダがついてくるもんだと思ってましたがサラダにご飯が付いてきている感じでした。

サラダ9割ご飯1割みたいな。

いやもうご飯いらんやん。

 

でんたく「まあ美味しいな。某サイゼにも引けを取らない。吉岡のはどう?」

 

吉岡「…!?」

 

吉岡がいきなりむせ始めました。

 

でんたく「どうした!?美味しくなかった?」

 

吉岡「何だこれ?」

 

でんたく「どうした!声がおかしいぞ!!」

 

吉岡の声がいつもと違います。

いつもは高めの声なのにその時の声はちょっといつもより低かったんです。

 

吉岡「なんでこの料理がサラダ定食なんだ?サラダだけにすればスッキリするのに」

 

この声…

 

間違いありません。

吉岡の声が玄田哲章になっていました。

むせた拍子にそんな声になったかと思いきや、どうやらサラダに何かしらの薬品が入っていたっぽくそれにより玄田ボイスになったようです。

オーナーよ、いいのか。

 

吉岡「なんだかすごい声になっちまった」

 

でんたく「その声だったら何言われても許せそうだ」

 

吉岡「なぁ、でんたく」

 

でんたく「何?」

 

吉岡「昨日今日の飯代は奢ると約束したな」

 

でんたく「あぁ、そうだよ、奢ってもらう予定だよ」

 

吉岡「あれは嘘だ」

 

でんたく「しばくぞ」

 

 

 

その後ちゃんと約束通り奢ってもらいました。

 

信じるか信じないかはあなた次第

信あな。

高校卒業したから3年間の思い出を全力で振り返ってみた。

 

これはとある高校生の青春ドタバタコメディーストーリーである―(大嘘)

 

 

どうも、でんたくです。

高校卒業しました。

びっくりするほど早かった。

秒だった。秒、秒。

今回は私の高校生活を物語チックに振り返る記事です。

 

序章 ドキドキ!?高校入試!

みんな、高校受験って知ってる?

そうだね、高校に入るための試験だね。

私は第一志望の公立高校を決めたのが中三の1月。

入試は3月初旬。

どう考えても決めるのが遅かった。

受験勉強というものをしないといけないんですけど、なんのやる気も出ない。

特に英語とか中二の苦手さえも中二に置いてきたので、今更どうにかしようとか無理なのですよ!ハハハ!!

 あ、因みに未だに中学の苦手は中学に置いてきてしまいました。

勿論高校の英語なんかは殆ど苦手。大過去を理解したのは高三の時。

とまあ、こんな調子なので受験勉強をするにしても1からやろうとかは無謀。

今考えると2か月もあればなんとかなったかなとも思いますが、当時のでんたくのキャパ的に無理だった。脳の容量が10MBくらいしかないので。

とりあえず、公立の赤本は買いました

傾&向&対&策やな。

理解しながら勉強してたかといわれると怪しいけど(怪しいどころか多分理解してない)、とりあえず問題の形式を頭に叩き込んだ。

 

「まぁ…私立は受かってるから、中卒は免れるでな…。気楽にいくでな…。」

 

と、中学の卒業式の2日後受験に挑む。

 

ー受験終了後

 

数学分からなさすぎワロタwwwww

数学意味不wwwww

数学#とは

 

数学がわからなさ過ぎて笑った。

あんな問題聞いてない。正直他の教科はどうでもよくて、数学の出来なさしか頭になかった。

ぶっちゃけ落ちたなーって。

 

f:id:prograph77:20190225181255p:plain

(受験が終わった日の書き込み)

 

むしろ気が楽。私立行こうという気持ちも固まってました。

あとは公立の合格発表全裸待機って感じ。

いや、待機ちゃうわ。見に行かなあかんかったわ。

 

3月19日、合格発表。

同じ中学の友人Aと一緒に合格発表に。

どっちかが落ちたらそれはそれだ、開き直ろう、というスタンスで。

 

あのー…3年も前の話だし結果から言いますと、受かってました。

目悪かったんでめっちゃ目を凝らして自分の番号を見ました。

正直受かると思わなかった。

 

因みに、これが高校生活のピークだよ!

 

 

第一章 辞めないで!貴方の高校生活始まったばかりなんだから!

第一節 合宿が運命の分かれ道!?

 入学し、一緒に合格発表に行ったAと同じクラスになりました

隣の席は同じ中学の人だったが全く知らない人。

3年一緒の学年にいても知らない人いるんだなぁと思いました。

でも割といるよね。(この人とはこの後同じ学系に進むことになります)

ただね、もう本当に、本当に、馴染めなかった!

自分の人見知りが病的レベルなので、自分から話しかけるのとか無理。

そんな中、我が校では高1恒例のオリエンテーション合宿というものがあります。

 

「知らん人と一泊二日かぁ~きっついなぁ~」

 

とグチグチ言いながら行きました。

出席番号順で班が組まれるんですけど、そこが運命の分かれ目だったね。

その時に初めてオタクの友人が出来たんですよ!!

中学生の時はオタクをひた隠しにして生きていたんですが、高校に入ってオタク趣味を共有できる人が出来たというのはめちゃくちゃ大きいですよ。

その時の友人、ありがとう。君がいたから今の私があるんだぞ。

話せる人が出来てからは割とそれなりに合宿も頑張れましたね。

 

後々思ったことなんですけど、高1で学校辞める人は大体これをきっかけに学校に来なくなります。

少し話せるようになった子が出来ましたが、辞めちゃいました。

でも、それが正直羨ましかったんですよ。

なんせ、自分がこの学校絶対合ってないって思っちゃったんで。

辞めた人は辞める決断が出来た。

だけど自分は何も考えずこのまま学生生活送るのかなと思ったらなんか悲しくなっちゃったんですよね。

実は本気で学校辞めようと思ったことがこの先何回もあります。

あーでも今思えば辞めなくて正解だったのかなぁ~。

正解とか不正解とかないと思うんですけど。

全日制の高校辞めて、通信制の高校行ったらどんな人生になってたのかなぁ。

それはそれでまた別の道が開けてたんかもな。知らんけど。

 

第二節 青春って言ったらやっぱ部活っしょ!!

部活どうするよ!!

なぁ、部活!!

高校生といえば部活だろ!?なぁ!!

 

と言わんばかりに学校は部活を推していきます。

部活の入部率的なアレですよね。

オープンスクールのときに中学生に言う

「我が校はこんなに部活頑張っている生徒がいますよ!!」

ってやつですよね。分かります。

 

私も最初は別に帰宅部でいいかなあって思ってたんですよ。

 でもせっかくだしなんか部活入りたいなぁ、でもきついのは嫌だなぁ~。

運動部は論外。

楽器できないし吹奏楽部も無い。

料理も好きじゃないから家庭科部も無い。

昼休みつぶれるの嫌だし放送部も違うなぁ。

写真部は活動場所が分からなかったので早々に諦めました。

で、最後に残ったのが、美術部と漫画研究部です。

美術部か漫画研究部か。

そこで最終的な決め手になったのが、楽そうなのはどっちかっていうところ。

 私やっぱそういう人間なんですよ。

そんで、漫画研究部に入りました!

週3活動、活動も自由な感じでいいやんって。

でもね、入部するまでが勇気いるんですよねぇ。

チキンなんでやっぱ入部を決めてから見学するまで1週間はかかった。

教室から部室までそんなに離れてないのに何キロも離れていたように感じました。

 

初部活、馴染めるか不安でした。

が、割とすぐに友達が出来ました。

あの時話しかけてくれた友人たち、ありがとうございました。

君たちがいなかったら私の高校生活もっとつまらなかったと思います。

漫画研究部に入って、初めてオタクをカミングアウトして、本当によかった!

 

あれから私の漫画研究部生活が始まりました。

 

第三節 人生最大の挫折!?それはちょっと言いすぎじゃない!?

高校生になったら文理選択っていうのをしなきゃいけないんですよね。

でも私壊滅的に文系科目も理系科目もできないんですよ。

進路もどうするか死ぬほど迷いました。

迷いすぎて太陽が西から上り始め、北からミサイルが飛んできました。
そして私の一度出した結論が

 表面上は文系に行って、芸大か美大に行こう。

つまり美術系に行こうということです。

私は小学生の時に「自分の絵の個展を開きたい」と言ってたほど、私は幼い時から絵を描くことが好きです。

この一つ目の決断をしたのが高1の夏前です。

そして夏に美術の講習会みたいなのに参加しました。

 

で、ここで今までの人生の中で最大の挫折を経験することになります。

 

 美術の講習会でデッサンとかしてたんですけど、何故かわからないんですけど、本当に本当に絵が描けなくなっちゃったんですよ。

それまでは幼い時から毎日のように絵を描いていたのに。

絵への執着が完全に消えた。

本当に、怖すぎ。

今まで絵しかなかった人が筆を折って、いったい何が残るのだろうか。

めっちゃ思いました。

でも本当に描けなくなったんですよ。

そこからちょっとして月に数枚落書きを描くくらいにまでは回復したんですが、とてもじゃないけど美術系に進む決心はつきませんでした。

そして秋、私は情報系に進む、という結論に至りました。

情報系は一応理系の部類には入ります。

先生にも

 

「美術はもういいの?」

 

って聞かれたんですが

 

 「いいです」

 

って答えちゃいました。てへぺろ

 

そこから私は情報系のクラスでやっていくことになりました。

 

そんな私の高校生活、一体全体どうなっちゃうの~!?

 

 

第二章 闇の高2時代!?闇を切り裂け、我に光を!!

第一節 楽しくねえ、だが、それでいい!

私にとって高二は闇だった。

ぶっちゃけ何も楽しくなかった!!!

 

まず楽しくないポイントその1。

友達がいなさすぎる。

情報系というか理系クラスにあまりにも友達がいない!

友達がいなかったら何が始まると思う?

そうなんだよね、ボッチ飯だよね!(関暁夫風)

高1の時は、同じ中学の子とかと食事をしなんとか逃れていたけれども、まさか高2になってボッチ飯生活を送ることになるとはーーー!

私も予想外ーーー!

でもね、ボッチ飯ってね、1週間で慣れるよ。

いや、マジで。

寧ろボッチ飯の方が自分の好きなように昼休み過ごせるからいいよ。

 

…なんかこういうこというと負け犬の遠吠えにしか聞こえないのなんでだろう~

 

でも、本当なんですよ!

自分ひとりには慣れているのであまり苦じゃないんですよ。

でもねぇ、やっぱねぇ、友達はいた方がいいねぇ…(しみじみ)

 

因みになんですが、高三の最後の最後までボッチ飯でした。あざす。

 

楽しくないポイントその2。

授業。

 

でも結構そんな人多いでしょ??

もう耐えてる教科が皆無!

国語も英語も数学も生物も日本史も耐えてなさすぎる~!

高2の秋に私は人生最低点19点をたたき出しました。

数2だった。

いや本当に目を疑ったよね!?

流石にあの時は勉強してなかった。

落単も覚悟したけどその後の微積の範囲で巻き返して耐えました。

 

プログラミングの授業もあったんですが、なんせもう分からん。

今の小学生はプログラミングの授業とかあるじゃないですか。

あれってscratchとか使ってるんでしょ?

私もああいうのがよかった!!

ETVで厚切りジェイソンが番組やってるけど、ああいうのだったら絶対続けれた。

ファーストコンタクトがダメだったね。

人は第一印象が大事というけど、プログラミング言語も第一印象だね。

しかと学んだ。

でも12人くらいの授業でなんとか3位までには上り詰めました。

なかなか頑張った。

 

でも、嫌なことばかりではなかったです。

 

そのプログラミングの授業で、情報系での友達が出来た!!

その子たちは全然クラスも部活も違ったんですけど、凄く優しくて、良識のある人たち。

でも個性的で自分を持っていて、私的にはすごく尊敬できる友人でした。

見てないと思うけど、その時の友人、私と関わってくれてありがとう!

 

この辺から、情報系に進んでも悪くなかったなと思えるようになりました。

というかそれまでが楽しくなさ過ぎて人との繋がりが出来たことでちょっと楽しくなっちゃったんですよ。

 

第二節 こんな私でいいんすか!?

文化祭が終わり、一つ上の先輩が部活を引退しました。

いやはや、先輩にはお世話になりました。

次は私たちの番ですね、頑張ります。

 

…ってね、爽やかに言いたかったんですけど、ちょっと無理でしたわ。

 

なんか知らんけど私が部長になってしまった。

 

先輩の引退式は

 

「えーっ、私が部長!?やだやだやだー!」

 

しか記憶にないですもん。

 

100%他薦だったので、断るに断り切れず…。

面倒くさいこと嫌いなのよ…本当はやりたくないのよ…。

 

けれども、なったからにはやったろ。

しゃーなしやで?

 

引継ぎの時に元部長から

 

「機械強いんでしょ?パソコンとかその辺よろしくね^^」

 

って言われたけど、情報系だからってそんなパソコンにバリバリ強いわけちゃうんですわ…。

 

ここから私の漫研人生第二章が開幕します。

 

第三節 そうじゃん、進路どうすんのよ

 そんなんだよねぇ、高2の最後に進路希望調査とかがあるんですよねぇ。

私模試の成績もゴミカスだしこれ大学行くよりワンチャン就職した方がいい説ない?

って考えましたよ本当に。

でも、なんかここで進学せずに就職したら自分の未来がより見えなくなるんじゃないかとも思ったんですよね。

学系の他の子たちは、国公立大とか某有名私立大とかを志望してて、とてもじゃないけど一緒に頑張ろう!みたいにはなれませんでしたね…。

 

そして高三の春、とある人に触発されとある決断をくだしました。

 

第三節…ここまで!!!

 

分けなくてよかっただろ/

 

第三章 最終学年、最終決戦

第一節 滑り込みセーフ!

三年になりました。

進路のことを真剣に考えなければならない時期です。

嫌になっちゃうね。

 

本当に色々考えました。

 

f:id:prograph77:20190227180147j:plain

私、有名実況者になります。

 流石にこれはちゃう。

 

私は情報系に進み、一時期は情報学部か工学部に行こうか、それともいっそ就職しようか、といろんなことを考えました。

で、結局出した決断が、

もう一回美術系に進んでみよう。

ということでした。

高1の時に諦めたはずなんですが、どうしても進路を考えるときにそのことがチラついて、諦めきれてないんだなあと実感した次第です。

映像、絵等々、もう一回やってみよう。

とりあえず、4年だけは好きにやらせてほしい。

なぜこの決断ができたか、それは幼馴染の存在です。

幼馴染はずっと目標が変わっていなくて、行動力がすごいんです。

この前なんか海外にも行っちゃって。

今では私の何十歩も前を歩いていて、別次元に行ってしまったようにすら感じます。

その姿に心打たれました。

その子には恥ずかしくて直接言えてないんですけど、本当にありがとう。

勝手に憧れの存在にしています。

 

俺、やるよ…。

 

人の心を動かせられるような作品、作ってみせるよ!!

 

…普段ふざけたやつがこんなこと言ってても説得力もクソもないですね。

日頃の行いって大事ですね。

 

なので、このブログの説明欄にある

 

「とある情報系高校生の何気ない日常」

 

 は4月から

 

「とある美術系大学生の何気ない日常」

 

になります。

どうぞ、よろしくお願いします。

あ、でも変えるの忘れそう(小声)

 

そんなこんなでAO入試の3月前に、受験校を決めました。

流石にあたふたしすぎた()

無事に合格し、有り難いことに入試成績優秀者で入学金全額免除もいただきました。

これはもう逃げられませんね…。

 

第二節 部活ってやっぱ入るべきなんだなぁ

最後の文化祭後、1年の任期を終え、漫画研究部を引退しました。

 

そのときの話はブログで記事にしているので詳しくはそちらをご覧ください。

calculator.hatenablog.jp

最初は馴染めるかわからなく不安しかなかったけど、いい先輩に出会い、部長になっていい後輩、同輩に助けられやっていけました。

間違いなく私の高校生活のほとんどは部活です。

引退してもだらだら部活に居座り続けました。

後輩のみんな、ダルがらみしてごめん。

こんな部長と仲良くしてくれて本当に嬉しかったです。

これからも頑張ってほしいです。

 

やっぱ部活に入って正解だったなぁ!!

私の高校生活の中最大の成功体験ですよこれは。

 

宝物

引退式で貰った寄せ書き達は宝物です。

 

私を部長にしてくれてありがとう!!!!!!!!

ひゃっほい!!!!!!!!!!

 

 

第三節 卒業式と書いてエンディングと読む!(適当)

卒業式、全く卒業した実感がわかない。

普通にまた学校行きそうな感じ。

 

ん~、にしても高校生の肩書失うのは惜しいなぁ!

まだ3月だから中3だけど、4月になったら高1かー。中学4年生がいいなあ…

これ中学卒業した時の私の書き込みなんですけど、今熱烈に高校4年がいいって思ってます。(けど高校は留年しようと思えばできちゃうというアレ)

 

卒業式泣くかなぁ~とか思ったんですけど全然泣かなかったですね。

(因みに中学の卒業式は号泣した)

なんというか、それも実感の無さから来てるのかなと。

式の中の卒業生代表による答辞、あれはちょっと泣きそうになった。

読むのが無茶苦茶上手。

涙を誘うやつやんあれは。

 

最後に校門まで花道作ってくれてそこを卒業生が通っておわりなんですが、そこで初めて

 

「あぁ、これ、本当に終わりなんかなあ」

 

と思いました。

 

私あんまり写真に積極的に映るタイプじゃないのでそんなに写真撮れなかったんですけど、後輩と学系の子と撮れたので満足です。

帰りは部活の同期メンバー兼学系の同期メンバーと帰りました。

その子たちとは部活も学系も一緒で、もしかしたら高三では一番多く関わった人なんじゃないかなと思います。

春から全員別の道ですけど、お互い頑張ろうぜ。

陰ながら応援してるやで。

 

そんな感じで私の高校生活は終焉を迎えたのでした。

 

あっさりしすぎじゃね!?!?

 

最終章 ありがとう、これからも

 こうして私は高校三年間無事にやりきることが出来ました。

この三年間で、他人の力は絶対頼らないとやっていけないなあと思い知らされました。

どの場面でも絶対人がいて、自分はその人の力を頼って生きていった。

どんな些細なことでも。

確かに仲が良い友達は少ないだろうよ、相対的に。

(ここでの「友達」の定義は「勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。」というものとします。出典: Wikipedia

でも!

この世界、友達じゃなくても助け合えるやん!

幼稚園や小学校のときはクラスのみんなが友達!みたいなスタンスだったけれども、実際そんなことないじゃん?(唐突の関東弁)

困った人が助けを求めていたら助けられる人が助ける。

そうやって社会って成り立っているのかなあ。

実際はまだ社会に出てないので分からないけど。

もし社会人になって私が

「社会はクソ!〇ね!!」

って言ってたら察してください。

人の意見は変わるもんです()

 

でも、とりあえず、この三年間、リアルやネット関係無く、私に出会って、関わって、助けてくれたすべての人へ

 

本当に本当にありがとう!

 

よかったら、これからもよろしくです。

 

 

これにてとある高校生の青春ドタバタコメディーストーリー(大嘘)はおしまい!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

次回作、とある大学生の青春ドタバタコメディーストーリー(未定)もよろしくお願いします。

 

以上、でんたくでした!!

 

 

 

 

 

この記事書いてるときに発見したけど、Amazonとマザコンで韻踏める。

これだけは言っときたかった。じゃあ。

とても楽しいことがあったよ。

先週は買い物に行くために隣町に繰り出しました。

 

久しぶりに外に出るので少し疲れましたが、お目当てのものが買えて満足です。

 

そうそう、今日はその時起きたことについて書いていきたいと思います。

 

 

ーそれはある昼下がりの事

 

友人の吉岡「よぉ、でんたく!」

 

でんたく「吉岡じゃないか!こんなところで会うなんて奇遇だな!」

 

高校の友人である吉岡に偶然出会ったのです。

吉岡は天才と馬鹿は紙一重というのを体現している感じの人間です。

吉岡と偶然会った私は、吉岡と共に近くのスターバックスコーヒージャパンに行くことにしました。

 

吉岡「何にする?」

 

でんたく「自分あんまり商品分からないからお前のおすすめでいいよ」

 

吉岡「あ、じゃあR-1ヨーグルトでいいか」

 

でんたく「せめて飲み物にして」

 

結局私たちはなんたらフラペチーノを頼みました。

席に着くと吉岡がただならぬ雰囲気を漂わせてきました。

 

吉岡「な、なぁ、でんたく…」

 

でんたく「どうした?」

 

吉岡「俺さ…見ちゃったんだよね?」

 

何を見たのでしょうか^^

家政婦でしょうか^^

 

吉岡「俺…宇宙人を見た…」

 

でんたく「宇宙人…?…またまた~勘弁してくれよ!お前やっぱ一回12時間くらい寝た方がいいって!」

 

吉岡「だってお前…気づいてないのかよ!…あっ!」

 

吉岡は私の後ろを指さし大きな声を出した。

私は後ろを見たが特に何もなかった。

 

でんたく「いやいや、なんもないやん…」

 

と私が顔を戻したとき、既に吉岡の姿はなかった。

 

そして、吉岡の座っていた席にこんな紙が残されていた。

 

f:id:prograph77:20190212181205j:image

 

 

 

オマエハシリスギタ

 

 

次は我が身…。

 

信じるか信じないかはあなた次第

 

信あな。

 

 

おわり

 

書き損じと冬。

どうも、でんたくです。

 

今日地元は雪でした。

あぁもう冬なんだなと家の中でぬくぬくと感じてました。

 

冬といえば、中学生の時、連絡ノートに先生との交換ノートのような欄があったんですけど、その日すごい雪でそのことについて書いたんです。

 

「今日は雪が降っててすごく寒かったです」

 

と。

書いたはずだったんですが、先生に赤ペンで添削されて返ってきました。

そこには 「今日は冬が降ってて寒かったです」 と書かれていました。

冬は物体だったのでしょうか。

怖いです最早ホラーです。

こういう謎の書き損じを私はちょくちょくするので木を付けなければいけませんね。

 

<2018年11・12月イラスト写真まとめ 概要欄より>

 


2018年11・12月イラスト&写真まとめ