電卓の計算記録

とある情報系高校生の何気ない日常

ド・モルガンの法則()

どもども、でんたくです。


早速ですが、私はコミュ障です。

機械的には喋れるけど他愛ない会話ができないのです。

話そうとするとどもっちゃうんですよ。
これをド・モルガンの法則と言います。


そんな私ですが、学校の行事の関係で企業にインタビューをするというものがあり、企業に電話を入れないといけないのです。

さて、どうしよう。

電話をかけるまでのでんたく


「あのさぁ、電話とか無いぞー。無理無理。このわっしが電話!?爆死確定じゃん」

という会話を一人でしていました
しかもまあまあ大声で。親に聞かれてませんように。

「まあ、いつかはやらないとな。嫌なことは早く終わらせるタイプだから。かけるか!」

と、かける決心をしてから子機を取るまで20分を要しました。チキン乙。

そして、ようやく子機を取りました。

「おっしゃ、やるぞ」

電話番号を押し、確認をしました。
その確認に要した時間、およそ10分
ここまで30分を無駄にしています。

そこから外線ボタンを押すのに5分。

ポチっ

ああああああ押してしまったああああああああああ!!!!!!!

プルルルルルルルルルル

繋がってしまったあああああああああああ

ここから先はあまりの緊張で記憶が曖昧です。
訪問日時と担当者の名前は記録しました。


ここで改めて分かったのが、

コミュ障ってメリットなしだね

って言うこと。

もし同士がいるのなら、一緒に頑張ってコミュ障直しましょう!

次はインタビュー本番!
逝って行ってきます!


ではでは!