電卓の計算記録

とある情報系高校生の何気ない日常

部活動を引退した話

約三年在籍した部活動もこの文化祭で引退。
お疲れ様でした。

 

なんだろうね、本当あっという間だったね。

この前入部届け出したばっかりなんだよね。
あの今は短いと思える廊下が死ぬほど長く感じていた1年生の時。
あれもう2年以上前かよ…。

 

私にとって部活は高校生活の中心でした。
どんなときも私に学校へ行く希望と理由を与えてくれました。
高校に入って初めて出来た仲間も部活の仲間。
高校3年間数々の挫折を経験し、その時支えてくれたのも部活。
まさしく私の青春って感じでしたね。

 

そして最初は部長になる予定なんて一ミリも無かったですね。
一年前の先輩の引退式で突如部長に指名され、否定する間も無く部長に就任。
あ、引き継ぎの時、前部長から「パソコン得意だそうで!」って言われてたんですけど、そんな得意じゃなかったです。自分の実力を過信してました。

 

そんなことはどうでもいいです。

 

にしても部長ってやること本当多かったです。舐めてました。ペロペロキャンディの如く舐めてました。
部長会なんて正直めんどくさいと思うことも度々でしたよ。
とか言ってもリーダーシップのカケラもなく、同輩と後輩に頼りっきりの部長でした。
部長の仕事は果てせたのかなあ。
まあでも果たせたってことにしといて。
こんな私でもなんだかんだでやり切ったから誰にでもできるんじゃないかなって思った節もある。

 

こうして仲間と一緒に一つの目標に向かって頑張るというのは物凄く体力と気力を使います。
でも、その分達成感は並みじゃ無いです。
努力もたまには悪くないなって思えました。

 

最後に同輩と後輩からメッセージカードを貰ったのですが、すごかった(小並感)

家帰ってじっくり読んだら本当にちょっと泣いた。

同輩からのメッセージ、1、2年のメッセージしかと受け止めました。

私は幸せだなあって。

出会えてよかったですよ本当に。

どうしようもないくらい私は部員全員が大好きです。

引退しても卒業してもまた再び集まれるくらいにはなりたいなあ。

 

1年生は数ヶ月、2年生は1年ちょっと、3年生は2年ちょっと本当にありがとうございました。

 

それじゃあまあ部活引退したよって話でした。

 

でんたく