電卓の計算記録

とある美術系大学生兼子供番組オタクの何気ない日常

運・動・不・足

どうも、でんたくです。

 

4文字だからフォーゼの各話タイトルみたいに区切ってみました。意味はありません。

 

前回の給食の話同様メモ帳に残っていた日記シリーズです。

 

 

 


最近運動不足が如実に身体に出てきた。
それが一番現れたのは、今年の6月の事。

もうすぐ電車が来るな、と思い少し小走りでホームに向かった。そこで、

 

まさかの大転倒。

 

一瞬止まる時間。

服のポケットから飛び出し、宙を舞う定期券。

そして膝で着地。

 

手がちゃんと出たのが救いだったが、両膝を打撲し、小学生ぶりに擦りむいた。
近くにいたおばさまにめちゃくちゃ心配された。


おばさま「大丈夫!?」


でんたく「あぁ…全然大丈夫です、大丈夫ですって」(膝から血を流しながら)


 というあまりにも哀れな状態になってしまい、6月の出来事だったがあれは2019年一番恥ずかしかった出来事と言っても過言ではない。


私は昔から何にもないところで躓くタイプの人間だったので平地で躓くことは珍しくない。
ただ、大学生になって運動をしなくなりそれが多くなった気がする。


高校までは体育の授業が必修で大体週に4〜3回は半ば強制的に運動をしていた。
特に高校生の時は授業前に体操や校舎外周1.5kmくらい走ってたので、文化部で運動不足だったとはいえまだ運動していた方なのだ。
ただ大学生になると体育は希望履修制。履修したところで1単位にしかならないのであまり興味はそそられない(が実際は人気授業らしい)
そうなると運動不足が加速する。


私はいい加減危機感を覚え始めた。(そのきっかけの一端がこの駅前転倒事故である)

 

あぁ、運動しないとな。

そう思った。

 

それから6ヶ月ほど経った今、運動をしているかと聞かれたら、相当言葉を濁す。

筋トレブームを受けて、テレビで特集された筋トレをたま〜にやっているくらいだ。

 

来年こそは運動をするぞ、そう心に誓う。

 

 

因みに、「あぁ、運動しないとな。」から「そう心に誓う。」までは繰り返し構造になっている。

終了条件は未だ発見されていない。

 

おわり