電卓の計算記録

とある美術系大学生兼子供番組オタクの何気ない日常

役者はすごいよな、って話

どうも、でんたくです。

他サイトで書いたやつをここに再掲載&加筆しておきます。

 

(ここから他サイト掲載分)

 

役者ってのはすごい。
本当にすごい。
別の役を演じると本当に別の人に見える。

 

私がとあるドラマの登場人物の話をしていると、友人が

 


「その人〇〇の△△って役もやってたよね」

 

という。


驚きだ。

私はその作品も見ているし、なんなら好きな登場人物だった。
しかし、写真を見比べても同一人物に見えない。

どう見ても別人なのだ。
だから、これが役者の力なのだと。

これがその役者の素晴らしいところなのだと。

そう思った。

 

しかしそれと同時に私がどれほど人の顔を見ていないかを痛感した。
そういえば私は実生活でも髪型を変えられたらその人をその人と認識できないな。
これ役者がすごい説より私がやばい説の方が濃厚になってきたぞ。

いや、もちろん役者さんはすごい前提の話です。

 

(ここまで他サイト掲載分)

(ここから加筆)

 

こちらはInstagramに投稿した短文エッセイ。

このエッセイが誕生したのには経緯があります。

それがこちら↓

 

でんたくがTwitterで好きなドラマの登場人物の話をする。

フォロワーがその中の人の話をする。

でんたく、そこでその登場人物の中の人を知る。

フォロワー、既に知っているものだと驚く。

でんたく、画像検索をする。

全く中の人とそのドラマの登場人物が結び付かず混乱する。

でんたく、画像検索をする。

全く中の人とそのドラマの登場人物が結び付かず混乱する。

(以降寝るまでループ)

 

この混乱を文字起こししたのがあの文章です。

中の人は存じ上げていたけど、その登場人物と全く結び付かない。

そら混乱するよね!?

 

なので文中にある「役者さん」は存在する役者さんを一人指しています。

書かなくとも話として成立するし、書いたら書いたでその役者さんの説明やらなんやらしなくてはならないので省略しました。

それが誰かを名指しで書くのもあれかな、と思うので、ヒントだけ残しておきます。

経緯にも記した「でんたくがTwitterで好きなドラマの登場人物の話をする。」のドラマは、テレビ朝日系列で2018年に放送された漫画原作のドラマです。

そしてその登場人物は、主人公の彼氏の同僚です。

あと、中の人は某特撮ドラマにも出演したことのあるスターダストプロモーション所属の男性です。

あとは頑張って調べてみてください。

いつでも答えあわせしに来てもらってもいいですよ(何故上から目線)

 

あれ、これなんの話だっけ?

この俳優の名前な〜んだ?の記事だっけ?

違う違う。

役者はすげえよって話だよ!

 

おわり