電卓の計算記録

とある美術系大学生兼子供番組オタクの何気ない日常

私は天使だったんだよ!信じてくれよ!

どうも、でんたくです。

今年も12月になってしまいました。

今年は11月の次は何月かな?今年は実は12月じゃないんじゃないのかな?と思いましたが、2019年も11月の次は12月でした。

 

12月といえば一年の最後の月、ということになっています。

笑ってしまうなぁ。だって去年の今頃は高校生だったんですよ。

一年って本当引くほど早い。

 

今回は12月ということで、幼稚園の時の12月の思い出でも語っていきたいと思います。

 

私の通っていた幼稚園はキリスト教教育で、毎日神様にお祈りを捧げているようなところでした。

(因みにですが、私の家庭は特に信仰している宗教はありません。)

 

そんな我が園では年長になると「ページェント」という一大イベントが待っているのです。

ページェントというのは、簡単に言うとイエス・キリストの降誕劇ですね。

セリフも歌も衣装もバリバリ用意されてて、ガチガチに練習し、教会で披露するという今思えば結構本格的なやつでした。

 

その劇では主演のマリア様とヨゼフ様。そして羊飼い、ガブリエル、天使、東方の三博士、ナレーター(聖歌隊?)がいたと思います。

で、私何の役やってたと思います?

 

 

天使ですよ。

 

 

めっちゃウケます。

ありえんですよ。

 

「でんたくが天使とか馬鹿も休み休みw」

 

とか思いますよね。

これがマジなんだよな〜〜〜。

だってあの頃は汚れも知らない純情な子だったんだもんね!!!

は!?別に今でも純情ですが!?(自問自答)

 

天使のように透き通った瞳をしていた6歳のでんたくは確実にいました。

しかし不思議なことに小学生の途中あたりからおかしくなって、今のでんたくがあります。

だって私正直趣味は幼稚園の時と殆ど変わってないわけですよ。

なのになぜこんな“クソオタク”になってしまったんだろう…。

 

そうだね…。

 

ネットカルチャーのせいだね…。

 

インターネット自体は幼稚園の時から使ってましたが、小学2年あたりからどっぷりネットカルチャーに浸かってしまったためこうなってしまったんでしょうね。怖いですね(こなみ)

 

私はあの頃のような輝きを取り戻したい。

でも汚れた心を元に戻すのは不可能。

 

だったらどうする?

 

そうだね。

 

 

パプリカを踊ろうね。

 

 

小学生はみんな踊れるらしいよ。

これは、もう、踊るしかないね。

 

そう言い残しでんたくは朝まで踊り明かしたそうな…。

めでたしめでたし。

 

 

 

いや、おい、

 

 

 

 

天使の話はどこいったんだよ!!

 

 

 

 

 

おわり

 

https://sports.nhk.or.jp/dream/song/about/