電卓の計算記録

とある美術系大学生兼子供番組オタクの何気ない日常

低温やけど

どうも、でんたくです。

今日は短め。

 

タイトルにある「低温やけど」皆さん読めますか?

 

「読めるわ!バカにしているのか!!」

 

あぁ、すいません、すいません。

 

Twitter眺めてたら「低温やけど」の文字が見えまして。

私それぱっと見た時

 

低温やけど…?低温やけど?低温やからなんやねん」

 

って素で思ってしまいました。

 

(文字にするとめちゃくちゃ分かりにくいので簡単に解説すると、「やけど」が関西弁の「やけど」に見えて「低音ですけど」みたいなニュアンスだと思ったという話です。)

 

これってあれに似てませんか。

 

「ねぇ、りかちゃんとべんきょうしてる?」

「ねぇちゃんとおふろはいってる?」

 

小学生の時に絶対一回は耳にしたこの構文。

どこで区切るかで意味が変わってくるやつです。

 

「ねぇ、理科ちゃんと勉強してる?」

「してるよ?」

「えー!リカちゃんと勉強してんのー!w」

 

リカちゃんって誰や。人形か。

 

 

「ねぇ、ちゃんとお風呂入ってる?」

「入ってるよ?」

「えー!姉ちゃんとお風呂入ってんのーw」

 

入ったらあかんのか!!

 

…と、この文化今でも残ってるんですかね。

残ってるでしょうね。

 

 

こういうねぇちゃん構文(今名付けた)ほかにもあるんですかね。

あったら教えてください。

 

私もひとつ考えました。

 

「ねぇ、ちゃんと遊んでる?」

「遊んでるけど…何?」

「私だ」

「お前だったのか」

「だまされたな」

「全く気付かなかったぞ」

「暇を持て余した」

「神々の」

「遊び」

 

おわり

 

モンスターエンジンDVD

モンスターエンジンDVD