電卓の計算記録

とある大学生の何気ない日常

編集ファイルの設定ミスに3年越しに気付く底辺動画投稿者

どうも、でんたくです。
突然ですがめちゃくちゃへこんでいます。

なぜ?

ありえないミスに気付いてしまったからです。

私でんたく…

 

動画編集ファイルの設定ミスに3年間気付きませんでした。

 

馬鹿じゃん…。なぁ…。

 

calculator.hatenablog.jp

 こんな記事をつい先日書いたばっかなんですよ。
で、その記事の中で こんなこと言ってるんですよ。

そして今、5年目。 この記事の最初に「5年目にしては下手」って書きましたが、こう振り返るとなんだかんだで成長してますね。 ちゃんと仕組みを理解して編集するようになった。

映像編集なかなかおもろ、そんな5年目 - 電卓の計算記録

 

全然理解してねえじゃねえか調子乗んなよアホ。

 

こんなんギャグやん…。

 

なんの設定をミスったのか。
前回ミスっていたのはアスペクト比
で、今回ミスっていたのはフレームレート

5年動画作っててフレームレートのミスに気付かんのはアホやん…。なぁ…。

フレームレート (Frame rate)は、動画において、単位時間あたりに処理させるフレームすなわち「コマ」の数(静止画像数)を示す、頻度の数値である。 通常、1秒あたりの数値で表し、fps(英: frames per second=フレーム毎秒)という単位で表す。

フレームレート - Wikipedia

このフレームレートねぇ、大体の動画は30fpsなんですよ。
私ねぇ、フレームレートねぇ、ずっとねぇ、24fpsにしてた。

いや、ないわーーーーーーーーーーーー!!

ってか気付けよ!?

24と30って、気付けよ!!

24fpsってのは一般的に映画とかで使われるフレームレートです。

まぁね、演出の仕方によってあえてフレームレートを変えたりする技もあるわけで、低いフレームレートが功を奏した動画もあるっちゃある。
けど、それ、無意識ですから~~~~残念!!!(ギター侍並感)

なんで凹んでるかってね、これね、多分だけど、編集ソフトであるAviUtlをPCに再インストールして設定をいろいろいじってるときに変えちゃったんですよね。
多分フレームレート周りの設定を最後にいじったの3年位前なんですよ…。
そう…前述の記事の中で「ようやくエンコードの設定ミスに気付いたでんたくが満を持して作った動画を作った時です。多分。

一個クリアしたら一個落とすよなぁーーー流石としか言いようがない。

で、なんで気付いたかってことなんですけど…
ここ最近でやっと「なんか書き出したら思ったようにぬるぬる動かんなぁ~」っていう違和感を覚えまして、なんでやろうかと色々考えたんですよ。
考えた末に、放置しました(馬鹿)

だってさぁ、最初に編集ファイル作るときは30fpsで作ってんだもん。
それが書き出すときにフレームレート下がるなんてさ、思わんやん。
いや思えよ。現に下がってたんだから。

今日動画編集するときにようやく設定ミスに気づきました。
あぁ…この3年間の動画もしかしたらほぼ全部24fpsで作ってたんかもな…。無念すぎる…。

いや、でも、今日気付けて良かった。
今日気付かなかったら多分あと3年は気付いてなかったぞ!
それに、フレームレート落とした方がいいなと思った映像にはそんな演出も加えていけるなっていう発見はできましたしね!
そういうことにしよう。
そういうことにしなかったら、もっと凹む。

今日の出来事を教訓に、作品のフォーマットは隅から隅まで確認するようにします。
めちゃくちゃ反省した。

というわけで今日上げた動画は多分、ちゃんと、「16:9 720p 30fps」の映像になってると思います…。多分…。

みんなも、指さし確認忘れずに!
誰も注意してくれない場所では特にな!

おわり


【MMD&UTAUカバー】テレキャスタービーボーイ【数音レイ】

(今日上げた動画です)